親不孝かなぁ

先日の検査結果を、実家の父に話しました。
父は、ものすごく落ち込んだようで
私に
「かわれるものなら、かわってやりたい。
 なんで、おまえがそんな病気になったんや・・・」
と、静かに言いました。

電話をしながら、泣きそうになりましたが
そこで泣いてしまったら、余計に父に心配をかけてしまいます。

「今は、特にカラダの症状はないから元気よ。
 検査結果がちょっと悪いだけ。
 まぁ、少しはショックだったけどね~」
と言うのが、精一杯。

実家は九州。今は札幌。
遠く離れているだけでも、親不孝なのに
こんなに心配かけてしまって・・・
ものすごく切なかったです。

私は、どうしたらいいんだろう・・・
と思いました。

病気は、治療していくしかない。
そして、その治療が少しでもスムーズに進むように
無理はしない。
でも、自分でも、まだまだ自分の調子がわからず無理してしまったり。
そんなことばかり考えてると、
まいってきてしまうし。
なるべくプラス思考にはなってきたものの、
その状態を維持していくのは
結構大変だったり。
自然に・・・
なんてしてたら、きっと後ろ向きなことばかり考えて
おかしくなってそう。

精神的にも、今は踏ん張りどころなのかもしれません。
毎日、毎日、ふと考えると泣いてばかり。
その涙の理由すら、
よくわからない。
涙を流すことで、次の日に持ち越さないみたいなので
一つの解消法みたいになってるのかも。

“あたしは、なんのために生きてるの?”
とか、そういうことまで頭をよぎるし。
こういうこと考えてる時点で、
ちょっとダメダメな気がします。

すでに、父には心配かけてしまっているので
これ以上の心配はかけないようにしたいです。
[PR]
by rinow3 | 2006-05-01 22:46 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧