「ほっ」と。キャンペーン

タグ:フェロミア ( 3 ) タグの人気記事

貧血

最後の更新、5月だったんだ。
びっくり。

6月の受診で貧血の治療することになって、
フェロミア内服することに。
最初の数日朝内服したけど、あまりにも気持ち悪くて。
嘔気、胃痛がひどかったため、寝る前に内服することに。
それでも、数日間はやっぱり調子悪く。
なんだかんだと1か月近くかかったかも、慣れるのに。

今月の受診でHb12.6でフェロミア内服なしに。
でも、また下がるんだろうな。

白血球は、その後も2000~3000台だったけど
今回7200だった。
なぜ??
と思ったけど、先週の腹痛のせいかも?!ってことになった。
発熱もなく、現時点で下痢や嘔吐、腹痛も持続してないから
特に問題なしってことになった。

点滴は相変わらず。

体重は現在55~54kgベースかな。
時々52~53kgになることあるけど。
自分のベストがどのくらいなのか?って思うけど、
体軽くて、倦怠感もひどくないのは、52~53kgくらいな気がする。
リバウンドなく、このくらいの体重維持できるようにしないと。
ゆっくり減らしていかないと、またしんどくなる。

良く遊び、良く食べ、良く寝てます!
[PR]
by rinow3 | 2013-08-18 20:24 | 普段の受診

受診

WBC 10.3(H)
Hb 12.3
フィブリノーゲン 335(H)
CRP 0.14

プレドニンが12.5mg/日へ減量。

フェロミアの内服は、血清鉄が先月の採血結果で下がっていたので
もう1ヵ月継続。

大腸カメラはやらない方向でいいらしい。
っていうか、私もやりたくないって言ったんだけど。
今のとこ腹部症状ないし。
また大量に下剤飲むのも大変だし、
カメラも痛いし。

春になったら考えようっと。

リウマトレックスを始めたことと、
プレドニンを一時的に増量したことで、
炎症は抑えられてる様子。
このままプレドニン減量できて、
リウマトレックスもそのうちやめられるといいんだけど。

そうもうまくいかないんだろうなぁ。

主治医は、倦怠感とか痛みとか、ないわけじゃないんだったら、
薬はそのままでもいいんじゃないかって言ってた。
でも、データが問題ないんだったら減らしてほしいってことで
減量になった。
薬の量の問題なのか?って気もするし。
炎症がデータ上は抑えられてるっていうんだったら
私の感じてる自覚症状も、多少は気分も影響してるんじゃないかって思う。
全部が気持ちの持ちようってわけでもないんだろうけど、
減らせるんだったら、少しずつでも減らしていきたいと思う。
まぁ、それでまたデータ悪くなるんだったら、
増量も仕方ないんだろうけど。

薬の効果はあるんだろうけど、
長期的に使用することで、何ともないとこにも影響出るんだと思う。
そういうこと考えると、減らせるものは減らしたいって
思ってしまう。

来月の受診でまた減量できればいいけど。
焦らず・・・だわ。
[PR]
by rinow3 | 2009-02-03 19:54 | 体調

フェロミア

Hbが低いため、10/10~内服開始。
10日経って気になることが。
それは若干便秘ぎみだってこと。
おなかが張るとしんどくなるからイヤなのに。

ヨーグルトを作るようになって
毎日朝と夜食べてるからまだいいけど。

吸収が悪くなるし~と思って、
コーヒーも控えてるけど。

これで貧血が改善されれば、
この疲れやすさとか、倦怠感とかめまいとかの自覚症状も
改善されるかもしれないし。

疲れやすいのは、やっぱりしんどいかも。
集中力も続かないしね。
今日も帰り、運転してて注意力散漫で
右折のとき危なかったもん。

ちょっとしたことでめまいしてるしね。
倒れることはないけど、
やっぱり不安になるものだわ。

次の受診で改善されてますように。
[PR]
by rinow3 | 2008-10-20 20:43 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧