「ほっ」と。キャンペーン

5/2
ヒアルロン酸注射したけど、やっぱり痛かったので
再度整形外科受診。
今度は、ヒアルロン酸+ステロイドの注射。

5/13
動かし方によっては痛み時々あるけど、それまでと比べたら
ものすごくいい。
ほぼ普段通りの生活。
この注射、1か月ぐらいはもつらしい。
このまま痛みなく過ごしたい。
[PR]
# by rinow3 | 2013-05-13 23:53 | 体調

左肩のその後

土曜日、整形外科を再度受診

左肩の調子が悪くて、シップ貼ってないと痛みが続くようになってきたから
再度レントゲン撮って、診察
ヒアルロン酸の注射をされて、このまま痛みが強くなるようなら
最終的には手術だねという説明をされて帰宅
しばらく左肩を安静にって言われたけど
案外難しい

左って結構使うのね
右利きだから、右を使おうとすると
荷物とかは左で持ってしまうし

ヒアルロン酸注射して、シップ貼らなくても大丈夫なくらいの痛みだけど
ものすご~~~く改善されてる感じもなく
そういうものなんだろうなぁ
どのくらい持続するかメモしといてって言われた

もしあんまり持続しないようだったら、ステロイドの注射とかなんだろうか

見た目は元気なんだけど、見えないところで色々あるのよね
[PR]
# by rinow3 | 2013-04-14 22:29 | 体調

WBC変わらず

いつもの受診

WBCは3100と横ばい
Hb 9.6
まぁ時々下がるから、とりあえず経過観察で

いつものように点滴して帰宅

今回は微熱の日々だったり、アレルギー症状強かったり
春はこんな感じかも

体重は少しずつ減ってていい感じ
このままを維持しつつ、少しずつ減らしていけるといいんだけど

プレドニンは4mgのまま
[PR]
# by rinow3 | 2013-04-12 22:20 | 普段の受診

今度は

今日実家から電話があって。
弟が仕事中に事故に遭ったって。
今はICUに入院中。
意識はハッキリしてるし、とりあえず命にどうのではない様子。

建設関係の会社にいて、現場の仕事をしているらしい。
ここ数年全然しゃべってないから、知ってるのは父親経由での状況だけ。

今日、仕事中に重機にひかれて左足は骨折してないみたいだけど、
右足は結構ひどい骨折らしい。
腫れがひどいから手術は腫れがひいてからになる様子。

5つ下の弟は、高校卒業後就職した先を辞めてから
何だか色々あったらしい。
もういい年だけど、まだ父親の心配の種。

父親や妹とはよく連絡取るけど、弟は携帯にかけても出ないし。
実家にかけたときにかわってほしいって言っても、出ないし。
実家に帰ったときも、家に帰ってこないことが多くてなかなか会えないし。

離れてるけど、もっと話す機会持ったほうが良かったのかな。
なんでこういう風な方向にいっちゃったんだろう。
性格悪くはないと思うんだけどな。
普通に自立・自律して生活できるようになるって
簡単なようで、簡単じゃないんだろうな。
周囲の見えるサポートや、見えないサポートがあってのことなんだろうな。

これまでも色々やらかしてるけど、
今回のことでいい方向に向かってほしい。
本当に。

私に何ができるんだろう・・・
[PR]
# by rinow3 | 2013-03-23 21:31 | family

3/3くらいから、熱が大体37度前半
熱以外の症状なし
倦怠感あるのかもしれないけど、慣れちゃってる部分もあるから
よっぽどじゃないと、そんなに気にならないのかも

今日も37.4
何もしなくても36度台に下がるけど
いつの間にか上がってる
何となく頭痛い気がする、暑い気がすると上がってる

ほんとよくわかんない

ストレスは良くないと思う
人間、生きてたら何らかのストレスにさらされてるけど
今感じてるようなストレスは、多分いい影響はないと思う

知らない間に、からだに負担になってたりする
気づかないうちに

肩の力を抜いて、
冷静に
自分を見つめて
ヨガのときみたいに
邪念をできるだけ取り払って
今の自分の状態に集中して
いいとか、悪いじゃなくて

どうありたいか、どうあるべきかじゃなくて
今の自分の状態に集中して
力の入ってるところはどこなのか
深く呼吸をして
力を抜いていく

深呼吸

深呼吸
[PR]
# by rinow3 | 2013-03-09 23:54 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧