「ほっ」と。キャンペーン

形成外科受診

粉瘤のその後。
痛みは増し、粉瘤も大きくなってきてる気がして。

11/19(火)形成外科受診。
「ダメだね、切開するね。」と、あっさり切開されました。
今は創部にゲンタシン軟膏塗布の毎日。
来週火曜日再診。

切除術は早くて年明けになるらしい。

今は。
出血は止まったみたいだし、創部の痛みも発赤も落ち着いてるし。
感染はしてなさそう。

どうなるんだろ。

どうなるんだろって考えても仕方ないことばかり。

どうなるんだろ。
[PR]
# by rinow3 | 2013-11-19 21:37 | 体調

皮膚科受診

左頬の違和感を感じたのは、覚えているのは1年くらい前。
そのできものが、この半年で大きくなってきたような気はしてた。

11/11(月)くらいから痛みと発赤が出てきて。
ひどくなってきたから、13日(水)に皮膚科受診。

化膿性粉瘤

皮膚科では抗生剤処方しかできないとのことで、
形成外科受診を勧められた。

どうなるんだろ。
[PR]
# by rinow3 | 2013-11-13 21:34 | 体調

受診

6週間ぶりの受診。
血液検査問題なし。
いつも通り点滴して。
腹部症状とアレルギー性?鼻炎がひどいこと伝えて
薬出してもらった。

インフルエンザワクチン接種。

薬減ったかと思えば、違う薬。

日常生活を送る上では、ほとんど支障ない程度の体調。
だけど。

やっぱり病気なんだよね。
制度変わって負担増えたら、どうなるんだろう。
[PR]
# by rinow3 | 2013-11-08 21:30 | 普段の受診

体重と腹部症状?

今年の夏くらいから、泥状~水様便が2~3回/日のときがあって。
ホルモンバランス?とか思いつつ、あんまり気にしてなかったけど。
その頻度が多くなってる。
今は・・・
ここ1~2か月は、ほぼ毎日。
かと言って血便とかはなし。
でも、やっぱりなんかおかしい気がする。

と言っても、食べるものも全体量が減ってるし。
基本水分が多くて、しかも手軽に食べられるものが多いので、
お菓子ばっかりとかの日もあるし。
ちゃんと食べると、ガスがたまってつらくなるけど、
便性は改善されるし。

まずは食生活見直さないと!って思うけど、
帰る時間も遅いから、なかなか作れないし。
週末は疲れきってるから外食も多かったような気がする。
寒くなってからは、野菜たっぷりの鍋を作ることが多いけど、
ちょっと食べ過ぎると、途端に腹痛と下痢~。
お腹がびっくりするみたい。
消化・吸収能力が、極端に落ちてる気がする。

やっぱり一回ちゃんと検査とかしたほうがいいんだろうか・・・
今度の受診のときに言ってみるかな・・・

現在の体重は52~53kgくらいで推移。
これ以上減ると骨粗しょう症のリスクも上がってくるからね。と
主治医には言われました。

体調的には、倦怠感が強いわけでもなく
元気がないわけでなく。
顔色もいいらしく(周囲によると)特に病気っぽくは見えない様子。

でも、様子見てて重症化しても困るしな。
やっぱり次の受診で言ってみよ。
[PR]
# by rinow3 | 2013-10-25 22:51 | 体調

貧血

最後の更新、5月だったんだ。
びっくり。

6月の受診で貧血の治療することになって、
フェロミア内服することに。
最初の数日朝内服したけど、あまりにも気持ち悪くて。
嘔気、胃痛がひどかったため、寝る前に内服することに。
それでも、数日間はやっぱり調子悪く。
なんだかんだと1か月近くかかったかも、慣れるのに。

今月の受診でHb12.6でフェロミア内服なしに。
でも、また下がるんだろうな。

白血球は、その後も2000~3000台だったけど
今回7200だった。
なぜ??
と思ったけど、先週の腹痛のせいかも?!ってことになった。
発熱もなく、現時点で下痢や嘔吐、腹痛も持続してないから
特に問題なしってことになった。

点滴は相変わらず。

体重は現在55~54kgベースかな。
時々52~53kgになることあるけど。
自分のベストがどのくらいなのか?って思うけど、
体軽くて、倦怠感もひどくないのは、52~53kgくらいな気がする。
リバウンドなく、このくらいの体重維持できるようにしないと。
ゆっくり減らしていかないと、またしんどくなる。

良く遊び、良く食べ、良く寝てます!
[PR]
# by rinow3 | 2013-08-18 20:24 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧