「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

点滴から皮下注射へ

随分更新してませんでした。

6月の受診
このときから、アクテムラが点滴から皮下注射へ。
自己注射で2週間ごとですが、受診回数が減ることと
受診時の拘束時間が短くなるので、だいぶ助かります。
体調はまずまず。

7月の受診。
特に問題なし。

8月は定期受診はないけど、
造影CTと骨密度の検査で受診。
造影CTの結果は良くて、炎症は収まっており、血管の太さも左右差なくなってます。
この調子だとプレドニンは飲まなくてもよくなる?!
大動脈炎症候群の炎症は、ある程度年齢がいくと炎症自体は収まる?らしい。
そのときまで血管の状態、全身状態を良い状態で保っていたら
もしかしたら、元気な老後の可能性がある??
あんまりよくわかんなかったけど、そのような話をしてました。
骨密度は、腰部は大丈夫だけど、大腿骨は81%と減少してます。
2年間で体重-10kg。要因のひとつのようです。
運動はある程度しているので、これ以上体重を減らさないことと
運動は危険のない程度で継続するようにとのことでした。
うーーーん。
体重は、もう少し減らしたいけど、本当に少しずつ、筋力アップもしながら
食べながらにしないと、骨折のリスク大になっちゃう。

場所は腹部、臍の右か左かにしてます。
2回目 7/4(金)
3回目 7/18(金)
4回目 8/1(金)
5回目 8/15(金)
6回目 8/29(金)予定

今のところ、いつまでも付き合わなければ病気なので
とにかく悪化しないように。
生活がつらくならないように。
[PR]
by rinow3 | 2014-08-27 21:06 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧