<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プレドニン6mgへ

4/20(金)
いつもの受診。
血液検査問題なし。
プレドニン減らしたいって言ったら、やってみていいよってことで
6mg/日へ。
1週間経過。
特に体調変わりなし。
気圧の変化には敏感に反応してるみたいで、倦怠感強くなることあるけど
プレドニン減量での体調の変化は感じない。
先月朝7mgを1回にしたときのほうはしんどかったけど。

点滴もいつも通り。
このままプレドニン減量できて、点滴だけになればいいのに。
なるのかな?

今月は主治医に当たった。
アクテムラの効果についての研究発表ありましたって言ったら
知ってた。

昨年、ホットヨガ後に脱水で倒れて唇の怪我してからホットヨガはやめた。
楽しかったけど、私の体には負担が大きかったみたい。
ちょっとがおおごとになっちゃうのかしら。

でもヨガは好きだから。
今度は室内の普通のヨガ行ってみようと。
ハタヨガ。
ハタヨガが何なのかはイマイチわかってないけど、
まずは体験行ってくる。

給与の計算してたら、このまま働くと扶養範囲外になっちゃうから
お金ほしいけど、働かないことにする。
贅沢な悩みだとは思うけど、定期受診がある私は保険重要だし。
扶養範囲外になっていっぱい働けばいいけど、来年春からは常勤の予定だし。
それだったらお金なくても、今は無理しないっていうのもありかなと。

今は、特定疾患で、扶養に入ってるから受診にかかる負担はほとんどない。
ありがたいね。

お金をかけず、でもアクティブに。
[PR]
by rinow3 | 2012-04-28 00:34 | 普段の受診

アクテムラの効果って。

http://www.jc-angiology.org/journal/meeting/abstract.php?mc=52&p=O-23&no=4

アクテムラの効果についての発表なのかなと思った。

大動脈炎症候群でアクテムラの使用って、適応外使用になるのよね。
だから実態把握が難しいっていうのが、私の主治医の言葉。
意味はわかるけど。
それじゃあ、今やってる治療がどこに向かってるか
全くわかんないまま。
適応外使用なら、それなりにこうやって治療成績を積極的に世の中に公表して、
それを患者に還元してほしいなぁ。

明日受診だから、もし主治医だったらそれとなく言ってみよう。
忘れなかったら。

私の生活自体には、世の中に公表されてもされなくても大きな影響ないような気もするけど。
でも、医学の発展って、実験的な試みが公表されて、賛否の検討が色んな視点でされて
それでどんどん進んでいくのかなって思うから。

やっぱり自分が受けてる治療が、どこに向かってることなのかは
最低限知っておきたいような気がする。

体調は普通を維持できてるからいいんだけど。
[PR]
by rinow3 | 2012-04-19 22:53 | 体調

ピアス

何となく。
ピアス穴を開けたくなった。
左耳の上のほう。

指のさかむけとか、紙で切ったとか、そういう小さい傷でも
なかなか血が止まらない。
採血のときも、しばらく押さえてないと止まらないし。

いつの間にかできた青あざは治るのにしばらくかかるし。

ピアスの穴なんて開けたら、化膿するんじゃないかと思う。

そんな心配してたら開ける気になれなくて。

大丈夫かもしれないけど、大丈夫じゃないかもしれない。
大丈夫じゃないかもしれない可能性あると、なかなか踏み切れなくなってる。

まぁたいしたことじゃないし、ピアスの穴開けて感染して
また大変なことになるよりはいっか。
[PR]
by rinow3 | 2012-04-14 21:33 | 日常

33回目の誕生日

4/6は33回目の誕生日でした。

うちでは夫も私も誕生日とか記念日とかのお祝いなし。
本当に何もしない。
何も言わないことが多い。

今年も同じく。

だけど、ここ数年犬友だちの家族が誕生日partyをしてくれる。
おうちにお邪魔すると飾りがしてあって。
ごはんをご馳走になって。
確か昨年もだったかな?他のときだったかな?
お子さまがケーキを作ってくれたり、手作りのメッセージカードとかくれて。
おいしかったし、嬉しかったし、何よりも私のために作ってくれてるっていう
その気持ちに感謝でした。

誕生日や記念日自体っていうより、誰かのために何かするっていう
そのことが大事なんだなぁ~って思った。

うちではなかなかないことだけど、
今年は何でもいいから何かしたいなぁって思った。

体調は、ぼちぼち。
たちくらみが気になったり、倦怠感がひどくて起き上がれないことはあるけど、
元気なときは動けてる。
もう少し元気に動ける日が増えるといいなとは思う。
でも、季節のせいなのか、プレドニンの減量の限界なのか、
気持ちの問題なのか。
やっぱり因果関係がイマイチわかんないから、予測はつかなくて
その時々の対処しかできない。
そんなものなのかな・・・といつも不思議に思う。
こればっかりは医師に話しても、これといった納得いく答えはもらえないことが多い。

加齢に伴って、体のいろんな面がどんどん低下してんだと思う。
病気があることで、服薬や点滴をしていることで、その低下が著しいのかもしれない。
だからこそ、できれば因果関係がわかると予測できて
それなりの対処もできるのかもしれないと思ってしまう。
だけど、実際はそういうものでもないのかもしれないとも思う。

時の流れに身をまかせて。

そういうことなのかも。

34回の誕生日まで元気でいれますように。
[PR]
by rinow3 | 2012-04-09 22:32 | 日常

春の気圧の変化のせい?

ここ二日、ひきこもり。
しかも何もせず。
ただひたすら寝てた。
寝過ぎて、腰やらお尻やら痛いし、頭痛も。

今日は二日ぶりに外出。
すっきり。

天気が悪くなった日じゃなくて、その前がダメなのかも。
ちょうど気圧が変化し始めたとき?!
天気の悪い今日は全然大丈夫。

気持ちの持ちようなのか、天気のせいか、何なのか。

あの倦怠感は何が原因だったのか・・・
[PR]
by rinow3 | 2012-04-03 21:27 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧