<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日から

今日から木曜まで関東のほうに~。
火曜の朝から研修なので、今日の夕方から行きます。

札幌はもう冬?!ってくらい寒いけど、関東はまだ暑いのかしら・・・
持っていく服で悩み、準備もさっき終わった。

三連休で色々たまってることを進めたかったけど、
やる気も出ず、青と岑と遊んでたら終わっちゃったわ。
やんなきゃ!とは思ってるから、気持ちだけは焦ってて
変な夢見るし・・・
脳が溶ける人が出てくる夢。
何の暗示なんだか。

時間があったらあったで進まず、時間ないと時間があったら!って思う。
なんだろうね。

数日前から鼻水がひどい。
風邪かと思ったら、そうではない様子。
5月に、花粉症?!って思ったときみたいな感じ。
季節の変わり目がダメなのかしら。
もらった薬を飲むと、とんでもない倦怠感に襲われるから
飲むとしても飛行機乗る前だわ。

せっかくの機会だから、色々見たり聞いたりしてこないとね。
[PR]
by rinow3 | 2011-09-26 08:42 | 日常

天気

今日の天気のせいか...
鎖骨周辺がなぜか痛む。
倦怠感はそんなに気にならないんだけどな。

気圧かね。
[PR]
by rinow3 | 2011-09-17 20:13 | 体調

点滴何回目?

定期受診。
血液検査結果は問題なし。
Hb 11.5とまずまず。
鉄分とラクトフェリン入りの牛乳のおかげ??
炎症反応が落ち着いてるからなんだろうなー。

プレドニンは8mg/日のまま。
私:「どのくらいで減らせますか?」
医師:「4、5か月後かな。」
私「えっ・・・。何か基準あるんですか?」
医師:「ないけど、減らしてまた調子悪くなったらどーんと増えるんだよ。」

変な会話。

調子悪くなってまた増量することになったら困るから
減らすのは時間がかかるって。
そうなのかもしれないけど、説得力に欠ける気がする。

多分、私が毎回減らしたい、減らしたいって言うからなんだとは思うけど。

次までに、CTと骨密度いつやるかの調整を主治医としないと。
忘れそう。
最後に主治医に会ったの、いつだっけ・・・
主治医と他2人の医師が交代で診察に出てるところに受診だから、
毎回誰に当たるかわかんないんだよね。
まぁ3人のうち誰かだから、それぞれの医師が状況はそれなりに把握してる感じはするけど。

誰でもいいっていうかね。
今のとこだと、誰に診察されても同じかな。
違う病院を受診することを考えた時期もあったけど、
専門医が近くにいるわけでもないし。
それだったら、ある程度受診しやすくて、何かあったときの対応してくれそうなとこだったら
それで十分かなーと思って。

次は5週間後。
次のときはインフルエンザワクチンも受ける予定!
[PR]
by rinow3 | 2011-09-17 04:32 | 普段の受診

本屋さんで

久しぶりに本屋さんに行って。
目的もなくぶらぶら見てたらみつけた本。

「膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き」

自分の病気のことは、やっぱり色んな視点から知りたいと思うので
関連しそうな本や文献があると読んでしまう。

特に大きく異なる情報を得られたわけじゃないけど、
医師が何を根拠に診断するのかなーとか、治療をどうやって進めていくのかなーとか
そういうことを知る参考になるかなと思った。
難しい言葉満載だけど。

自分が病気になって、特定疾患の申請とかして
見た目はこんなに元気なのに、あんまりよくない病気なんだなーって。
治らないし、治療も何だか対処療法って感じだし、
体力も落ちてくし、長生きできないんだろうなーとか、よく考えてた。
考えてるって言ったほうがいいかな。
毎月やってる点滴のおかげで、子どもも望めないし。
まぁ、それは私が選択したことだけど。

この本の自分の病気のところを読んで、
内容がっていうよりは、私の意識の問題なんだけど
このタイミングで読んだからか、とても衝撃的だった。

被害妄想でもないけど、どうせ私は病気だし・・・とか
やっぱり思ってるとこがあって、
「体調、大丈夫?」って聞かれる度に自分が病気だってことを
思い知らされるときがある。
気にならないときもあれば、嬉しいときもあったり、
でもやっぱり「何で・・・」って思うときもあったり。

だけど、これ読んだときに、
あー、病気だって悲観的になってるのは自分のせいなんだなーって
思ったっていうより、感じた気がして衝撃的だった。
自分ではそういう意識がなかったから。

病気がどうのっていうよりも、今の自分がどうしたいかとか
そういうことが大事だってわかってるけど、
やっぱりどこかで、病気だから・・・って思ってるんだわ、私・・・
そりゃそうよね。
よくわかんない微熱とか倦怠感とかあるし。
病気じゃなかったら飲まなくてもいい薬を飲んでるんだし。

だけど。
病気だからってことに、縛られてたらつらいのは結局私なのよね。
うん。
そうなんだけど、まだ縛られてるだってことに気づけた感じがして
それが衝撃的だった。

結構うまく折り合い(あんまり好きじゃない言葉なんだけど)つけられるようになったって
思ってたけど、案外そうでもなかったみたい。

気づいたからって何かが劇的に変わることはないけど、
とりあえず気づいたってことが大事な気がした。
[PR]
by rinow3 | 2011-09-14 20:30 | 日常

スマホから

スマホにしてから、ネットがかなり使いやすくなったと思う。
タッチパネルにまだ戸惑うことはあるけど、
それでもだいぶ使えるようになったと思う。
変換の学習能力がすごいのもあって、使えてるんだと思う。

フリーズしたりはあるけど、前のよりはいいなー

アプリで、体重と体温管理を始めた。
グラフにしてみるとやっぱりわかりやすい。
excelで管理してた時期もありけど、PCだと毎日の記録が億劫になって、
結局中途半端になっちゃうのよね。

せっかくのスマホ、活用したいな。
[PR]
by rinow3 | 2011-09-09 22:03 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧