<   2009年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

内服薬

リウマトレックス
[PR]
by rinow3 | 2009-01-07 10:27 | 病気・治療のまとめ

考えるより動くことにするか

倦怠感って何なんだろう。
気持ちの問題のような気がやっぱりするけど、
多分それだけじゃないんだろうね。

朝7:30に起きて、ごはんを食べ、活動しようかと思ったけど、
体は横になりたかったらしく、結局ごはんの片付けてして
そのまま横になって昼過ぎまで過ごした。

ようやく動けるようになって、ごはんの買い物へ。

運転しながら、
「何やってるんだろう・・・」
とやっぱり思ってしまう。

明後日から仕事だけど、全く仕事モードにもなってない。

今日来た年賀状に、
「丑年です。ゆっくりと再開してください。」のメッセージに
そうか・・・と納得してみたり。

下肢のマッサージに ↓↓ これ使ってます。
f0085270_17561659.jpg

だいぶ前にもらったけど、
ハンドクリームの類を好んで舐める犬1ひきがいるので、
なかなか使えなくて。
青が寝てるときを狙って使うことに。

考え出すと、
「やっぱりダメだ・・・」とか、そういうとこに行きついてしまいます。
悲観的になりたいわけではないけど、
できないことがあると、
「やっぱり・・・」ってなるし。
でもね、考えてじっとしててもいいことないってことはわかってきた。

「何やってるんだろう。」と思っても、
夜ごはん何にしようかなぁ~ってネットでレシピ調べて、
足りないもの買いに行って、作ってみて。
そういうことの繰り返しで、時々イヤになることあっても
今の自分の体を受け入れていけるようになるような気がする。

とにかく考えすぎなんだわ、私。

書いてて思った。
前はマイナスのことを書いてると、そういう思考になっていって
発散してるのか、どつぼにはまってるのかわかんない感じだった。

マイナスに捉えてることを否定しても仕方ないから、
それはそれとして受け止めて、
あとは行動として何をやったかってことを残していったら
もしかしたら何かが変わるかもしれないと思った。

否定的、悲観的な感情を押し殺しても何も生まれない。
多分、そういう感情に支配されるだけなんだわ。
私の場合ね。
今までは、そういう感情をどこかで出さないように、感じないようにしてたのかも。
出してるつもりでも、こんな風に考えるのはダメなんだ・・・
とかって思ってたんだと思う。

私は私でしかないし、私が私を否定してしまったら
誰が私を認めるの?
そうよね。

できないことがあるのも事実。
だからこそ、できることを小さいことでも続けてみるしかない。
そしたら何かが見えてくるかもしれないし。

同じこと書いてる気がするけど。
まぁいっか。

さて、夜ごはんの準備しよ~っと。
[PR]
by rinow3 | 2009-01-06 18:16 | 体調

調子悪し

今日は何だか調子悪かったです。

8日から仕事だし~と思って、朝起きてごはん食べて、
起きていようと思ったのに。
ごはん食べて、洗濯して、ごはんの片づけしたら
体が重くて重くて。

結局10時半くらいから横になって、動けるようになったのは15時すぎ。

以前だったら、こういうことあるとへこんでたけど。
こういう日もあるよね。
って思えるようになりつつあるかなぁ。

その後、青の毛のサプリがもうなくなるから病院行って、
夜ごはんの買い物して、帰りました。

今日の夜ごはんの、鶏肉のから揚げねぎソースは好評でした。
「うまかった。」
と言ってた。
いつも何も言わないのに。

夜になってもやっぱり倦怠感が強くて。
こういう日は、家でゆっくりとできることをやることに。
岑の相手かしら(笑)。

しかし、この倦怠感。
誰かがのっかってるっていうか、何ていうか。
どう表現したらいいかわかんないけど、
倦怠感ってしんどい。。。

ヨガとストレッチして早めに寝ようかな。
[PR]
by rinow3 | 2009-01-05 21:20 | 体調

考え方

年末年始と旦那と行動することが増えてます。
この時期しか休みのない人だからっていうのがあるんだけど。

旦那に言われて、はっとしたこと。

「今じゃなくてもいいんじゃない?」
「そういう人もいるってことよ。」

これまで自分がものすごく、固定観念があったような気がしてきました。

思い立ったらすぐやりたいし、こうやる!って決めたらやるし。
そういうことも必要なんだろうけど、そればっかりじゃないはず。

私の場合は、
明日でもいいや。
とか、
明日にしよう。
とか、
次まで待とう。
とか、
があまりにも少なかったように思う。

旦那との何気ない会話で、それを実感。

旦那とは普段はほとんど話をしない。
お互い仕事してると時間合わないっていうのと、
家ではお互い自分のしたいことをしたいっていうのがあるから。
今は私が仕事してないから、ごはん一緒に食べることが多くて
そういうときにしゃべる機会は増えてた。
年末年始の休みもあって、普段よりはしゃべってた。

これまでは、特に必要性は感じてなかった。
でも、必要性があるとか、ないとかってことではなかったんだってことがわかった。

必要だから話すとか、必要じゃないから話さないとか、
そういう基準で考えてることが、そもそも違ってたんじゃないかと思う。

私の考え方の傾向がそういう感じ。
必要か必要じゃないかが重要で、必要なこと以外は興味もなし。
だから固定観念にとらわれてたのかも。

こうしなきゃ!
ってね。

ただね、これに気づいたけど、一気に変われる気はしない。
これまでがあるから。

でも、気づいたから、気づいたなりに変わりたいと思うから、
まずは周囲のことで、今まで必要ないって感じてたことも
やってみようと思う。

必要か必要じゃないかは、やってみないとわかんないし。
(最近読んでる本にも書いてあった)
やれる範囲で、小さいことからでいいからやってみようと思う。
やってみて初めて意味が生まれるらしいから。
まぁ確かにそうだよね。
言われたらそうだって思うのにね。

旦那は私には大事な人だってことが今回わかったから、
まずは旦那のごはんはなるべく作ることにしようかと。
メタボ改善しないと!
あの体系で寝たきりになったら、介護が大変!!
[PR]
by rinow3 | 2009-01-04 22:47 | 日常

いつの間にか増えている

下肢のあざ。
いつの間にか増えてる。

どこかにぶつけた記憶もないけど。

出血しやすい&治りにくいからなんだろうけど。

こうなると、ストッキングでスカートは履けません^^;
まぁこの季節、分厚いタイツ以外でスカート履いたりしないからいいけど。
[PR]
by rinow3 | 2009-01-03 18:49 | 体調

ふくらはぎ

年末、お風呂に行ったときにマッサージしてもらって気づいたのが、
ふくらはぎがパンパンだということ。

翌日、自分でもマッサージしてみてびっくり。

こりゃ足が疲れるし、血流も悪いだろうなぁって感じ。
なので、足裏だけではなく、たまにはふくらはぎのマッサージもしようかと。

そこで気になったのが、リンパマッサージ。
まだ全然わかんないだけど、ちょっと勉強してみようかと思います。

リンパの流れとかについては、少しは知識あるんだけど、
どうやってマッサージするとどうなるのかとかっていうは
本当に全然わかんないし。
むくみを少しでも改善するためには、
リンパ大事かも!と思ったので。

それにしても。
食欲が止まりません>_<
やばいです・・・
[PR]
by rinow3 | 2009-01-02 21:47 | 体調

今年の体調管理

今年はできるだけ自炊しようと思います。

時間あって色々作ってみると、案外楽しくてびっくり。
旦那には「もう飽きた・・・」って言われ、
レシピ調べて作ってみると、
「これはいいかも。」って言われ、嬉しかったりしてます。

それに、自分で作ったほうが味の調節もできるし、
何より体に良いような気がしました。

大分帰って、食べまくり、
帰ってきてからも旦那の実家やらで食べまくり、体重増えすぎなんだけど。
退院してから大分帰るまでは、まぁまぁ体重管理出来てたしね。

自炊したほうが、自分の体には良いような気がしてるので
できるだけ時間作って、自炊していこうと思います。

多分、自分を大事にするってそういうことなんだと思います。
自分の体のために時間を作る。
そういうことの積み重ねが、大きく影響してくるんだと思います。

いつまで続くかわかんないけど、
できるだけ続けられるように、できる範囲でやってみようと思います。
[PR]
by rinow3 | 2009-01-01 20:18 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧