<   2008年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今年の体調

2008年は、最後に色々あった一年でした。

11月までは何とかなってました。
プレドニンは10mg/日から減量できず、CRPも陰性にならず、
倦怠感を常にあり、疲労もたまり。
9月末に受験があり、それまでの気持ち的に追い詰められたところがあったせいか
まぁどうなのかわかんないけど。
原因不明の腹痛に悩まされた8~9月。
試験が終わった途端、腹痛は全くなくなったけど。

11月の受診で、右の頸部にも炎症が広がっていてショックだったのに、
その受診の数日後に下血し、失神して入院。
出血が多かったせいで輸血したりして。

本当に、心身ともにへこんだ出来事でした。
これまでの自分を振り返って、すべてを否定したくなって。
本当に、本当にへこみました。

退院してからも自宅療養することにしたけど。
体力は少しずつ戻ってきてても、気持ちがついてこなくて。

何で病気になったんだろう?
とは思わなかったけど、
何で頑張ってるのに、こんなことになったんだろう?
とは思った。

この病気は、慢性疾患だってことをひしひしと感じた。

しかし、この出来事で気づいたこともあった。
私は一人ではなく、周囲の色んな人に支えられてるってこと、
それに、そういう人に素直になってもいいんだってこと。

これまで、自分の見栄とか意地とかで、
どーにかやってた部分が、体には負担になってたってことがわかった。

それに、今すぐやんないといけないことって
案外少ないこともわかった。
優先順位はあったとしても、絶対今やんないといけない
緊急なことって、結構少ないってことがわかった。
もう少し、待つことが大事だってわかった。

私の体は、私が一番わかってると思ってたけど、
案外そうでもないこともわかった。

今年の反省。
無理してたんだろうなぁ。。。ってこと。

来年の抱負。
今あるもの(人や環境とかも)を大事にする。
今年の目標でもあったんだけど。

自分の体とか、周囲の人とか。
体調管理してても悪くなるときはなるんだから、
できるだけ悪くなったときもひどくならないようにってことで、
日頃から努力していきたいと思う。

小さな努力を続けたい。

普通であることに感謝できる人になりたい。

自分を大事にしたい。

来年は、もう少し気を抜いていけたら・・・って思います。

今年一年、支えてくれた方々、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-31 23:31 | 病気・治療のまとめ

りんごの次はみかん

実家から持って帰ったみかんが
腐りかけてます。
もったいないので、何か作ることにしました。

今回もホットケーキミックスを使ったものに挑戦!!
「みかんのパウンドケーキ」。

レシピを参考にしつつも、レシピにあるもの以外のものも入れてみたり、
レシピにあるものでも形態変えたりしたので
パウンドケーキの生地ってどのくらいの硬さ?なのか??が
さっぱりわからなくなりました。

まぁいっかってことで型に流し入れて焼いてみることに。
f0085270_223864.jpg


こんな感じになりました。
f0085270_2242789.jpg


f0085270_2285519.jpg

見た目はなかなかなんですが。
味がしません。
何て表現したらいいのかよくわかんない。
みかんの味とか、ほんとしないし。

明日の朝、ハチミツつけて食べてみようと思います。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-30 22:12 | 日常

血便のその後

29日の夜中の排便時、
古い血性まじりではありましたが、
鮮血はありませんでした。

その後の排便では、明らかな血便はなし。

腹痛軽度あったけど持続せず。
腹満は若干あるけど、軽減してる。

何だったんのか。
身体的なストレス??

今後もこういうことあるんだろうなぁ。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-30 22:06 | 体調

楽しくなってきたこと。

お菓子は作ったことがなかった。
料理自体、得意ではない。
できないわけではないけど、計って作るってことが、とても苦手。
計ってる最中から、“このくらいでいっか!”ってなってしまうので。
適当に作るんだったらできるんだけど。

このたび、りんごをたくさんいただいてしまった。
そのまま食べるにしても、かなりの量。
さすがに飽きてきたので何かないかと検索。

りんごは、やっぱりケーキとかが多かった。
ケーキね・・・
レシピを見て、うぅーーーんってなってしまって。
でも、色々見てたら、ホットケーキミックスで作れるというのを発見!
冷蔵庫にホットケーキミックスがあったので、早速作ってみた。

1回目。
「ホットケーキミックスで作れるケーキ」に挑戦。
すりおろしたりんごで生地を作って、焼いてみた。
ひらべったい、よくわかんない物体になった。
食べれないわけではないが、おいしいとは言えない。
本当によくわからない物体だった。

2回目。
今度は、「ホットケーキミックスと水で作れるパン」に挑戦。
こねて、適当に切ったりんごをのせてみた。

f0085270_23152393.jpg
















これ、いけるんじゃない!っていう見た目。
味もまずます。
パンっていうよりも、スコーンみたいな感じになりました。
もう少し大きくしたらパンになったのかなぁ。
あと、りんごを中に入れたほうが良かったかも。

おなかの調子いまいちだって言ってるのに。
まぁいっか。

家にいると、料理に凝りたくなります。
主婦の気持ち、わかるかも。
最近、外食するより、質素でも自分で作ったものを食べたくなってます。
外で食べるものは、味が濃くて。。。
作るの面倒なときはいいんだけど、時間あるんだったら
作ったほうが好きなもの食べれるんじゃないかって気がしてきてます。

意外な変化。
料理得意じゃないのに。

これを機会に、「趣味は料理です!」って言えるくらい
やってみようかしら。
いや、やめとこ。
多分仕事始まったら、また外食or買ってきたもので済ませそうだから。
でも、自分の体調のこと考えたら、
自分で作ったほうがいいんだろうなぁ。

来年は、食事はできるだけ作る、楽しく!っていうのを目標にしてみようか。

まぁ、気が向いたら作るかな。

今回、参考にしたサイト
COOKPAD
*夜ごはんに作った、人参とじゃこのきんぴら風もここを参考にしました。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-29 23:19 | 日常

今のとこ大丈夫

昨日の血便からその後は排便もなし。
腹痛、嘔気・嘔吐なし。
若干腹満あり、排ガス多め。

トイレに行くのがこわいです。。。
もしまた出血したらと思うと。

腹部症状以外の症状。
昨日の夜からめまい増強。
横になってるときに、くらっとくる。
起きてしまえば何ともない。
この前のときと逆。
この前は、起きるとくらっときてたけど。

少し、右の頸部に痛みあり。
これは持続せず、時々痛みを感じる程度。

体重増加。
食べてるから仕方ないけど、むくみもあり。
帰省前から比較して+4kg。

徐々に良くなってたのに。

良くなったり、悪くなったりを繰り返していくんだろうなぁ。
波がありながら。
全体的にみて、まぁやっていけるか~ってくらいなんだろうなぁ。

前ほどへこんではないし、
仕方ないんだなぁって思えるようにはなったかな。

できること、ほんと限られるんだなぁ。

今の私にできること。
あるんだろうか・・・って気持ちには、やっぱりなってしまう。。。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-29 17:29 | 体調

調子良くなってきたと思ったのに

仕事休んで、日々の生活のなかでも
だいぶ動けるようになったと思っていたのに。

夕方血便1回あり。
腹痛、他腹部症状なし。

昨日は、旦那の祖母が入院となり、
その手続きやらなんやらで、夜間バタバタしてました。
今日は手術だったんですが、
実家の人が誰も来れなかったので、
朝から行ってました。

だからなの??

確かに疲れたけど。
身体的な負担が、こうもダイレクトに反応するものなの??

何が原因で血便が出たかは不明。
でも、また出血してることは確か。

続くようなら早めに受診しないと。

元気になってきてるようでも、体の内部はそうでもなかったりして。
でも、表面的には元気だし、
気持ちも元気な気がすると、活動するし。

どうしたもんだか。

とりあえず、経過観察。
うぅーーーん・・・
[PR]
by rinow3 | 2008-12-28 20:45 | 体調

帰ってきて

実家から戻りました。

帰ってきて、今日、父親から電話がありました。
「疲れたんじゃないかと思って。」
泣くかと思いました。

心配かけてるんだなぁと思いました。

これまでは心配かけないように・・・って思ってました。
でも、そうやって心配かけないようにってやっても
やっぱり無理なこともあって。
だから、意地とか見栄とかなしで、
甘えるときは甘えたらいいんじゃないかって思いました。

実家にずっといたい・・・
とか、
どうして私は結婚して、北海道にいるんだろう・・・
とかも思いました。

でも、旦那の存在には支えられてるところは大きいし、
北海道に来て出会った人々もたくさんいるし。
色んな出会いがあって、今の自分があって。

結婚したことも、北海道に住んでることも後悔はしてないです。
ただ、年を取っていく父親を見ていると、
そばにいない、すぐに会えない距離であることが
もどかしい気持ちになるんです。
何かあったとき、そばにいれないっていうよりも、
一緒に過ごせる時間がとても限られてるっていうことが、
本当に切ないというか、悲しいというか。

だからこそ、実家に帰ったときや札幌に戻ったときに
親に対する想いが強くなるのかなぁとも思います。

離れたから気づいたことは、本当に多いです。

まだ元気な親だけど、
できるだけ帰れるときは帰ろうって思いました。
それが数日だけだったとしても、
顔見せるだけでも違うと思うので。

親の写真見るだけで、今は涙が出るけど、
それもありなんだって思えるようになったので、
とりあえず泣いてスッキリすることにしてます。

会えないこととか、我慢が必要なこともあるんだろうけど、
感じたこととか、その感じたことをどこかに表現することとか、
そういうことはあんまり我慢は必要ないんだろうなぁって思いました。

新年からは自分に素直になりたいです。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-25 20:21 | 日常

自分にも人にも

今回のことがあって本当に思うこと。

自分にも人にも、優しくなりたいと。

今までは、多分自分に厳しかったように思う。
厳しいっていう意識はないんだけど。
でも、だからこそ、やってない人とか見たら
“なんで?私にもできるのに、なんでせんの?”
“病気の私もやってるのに、できるやろ?”
って思ってたんだと思う。
だから、
やってないと思う人とか見たら、
イライラしたり、それが態度に出てたりして。
そういう自分に、またイライラして。

でも、そうやっても、自分のためにもならんし、
その人にもイヤな思いさせるだけやし、
本当にいいことなしなんよね。

誰かと話してるとき、接してるとき、
私の話し方、接し方の傾向として、
否定的な言葉のほうが多いってことがわかった。
特にこっちに帰ってきてそれは思った。
多分、本当に気を使わんけん、そうなるんだと思う。
でも、それはこっちの人が今までの私がそういう傾向があるってことを知ってて、
それを許してくれてるからどうにかなってるだけで、
そういう環境じゃなかったら、自分も相手もイヤな思いするだけやと思う。

自分が言われたら・・・
多分、いや、きっとイヤな気持ちになるなぁ・・・って思うのに。
言ってる自分がいる。

今までも気づいてたことだけど、
見ないように、気づかないようにしてたように思う。

避けてきたことで、それがどんどん積み重なっていったような気がする。

自分をある程度認められないと、
人にもそういう風には接することはできないってことが
本当に実感してます。
ただ、実感してても、実行できるかっていうと、
それがね。
実行しようとはしてるけど、なかなかできてないのも事実。

これまでの積み重ねがあるし、
すぐに変わるとも思えんけど、努力はしたい。

自分に優しくなれれば、病気のことも今よりは受け止められるように思う。

病気は今の医療では完治はしない。
それはもうどうしようもできない現実。
自分らしく、どう病気とつきあっていくかが大事なのも
頭ではわかってる。

病気があることで、できないこともあるけど、
病気があっても、できることはある。

できることを、できるときに、できるだけ一生懸命やる。
そのときの自分にできる範囲で。

行動がともなうように。
来年の目標にしようかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-20 00:15 | 日常

出ない

便秘。
フェロミアのせいかしら?

動いてみたり、繊維の多いもの食べてみたり、
コーヒー飲んでみたり、
コーヒーに牛乳入れて飲んでみたりしてるけど。
なかなか出ない。

来月の受診のときに相談してみよう。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-18 09:46 | 体調

ぼちぼち

体調、まずまず。
めまいはほとんどなし。
1日何かしてると、翌日倦怠感とか疲労とかあるけど、
それほどひどくない。
寝てれば昼過ぎには動けるし。

このまま体調回復してくるといいなぁと思いました。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-17 08:36 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧