<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

終わった

試験終了。
良かった。
本当にホッとしました。
終わった瞬間、腹痛もどっかにいった気がしました。
結果は1週間後ですが、とにかく終わったので
それでひとまず落ち着きました。

主治医にメールした結果、
胃カメラとともに腹部の造影CTも行うことになりそう。
ただ、どちらとも同じ日に検査するってなると
なかなか日程調整が難しい。
先生から言われた日は、どうしても仕事休めないし。
無理を言えば休めるんだろうけど、
そこまでしないといけない状況なのか・・・って気もしてて。

骨盤腔から腹腔内の感染症が懸念されるらしく、
検査が必要だということ。
甘く見てるつもりはないけど、感染してるとしたら
様子見れない状況だとしたら、発熱など他の症状もあると思うけど、
そういうのはないしなぁ。

どこまで重症感を持っていいものやら。
様子見れる範囲のものか、早急に検査が必要なものか。

主治医の返事を待つことにします。

私としては、これまでの2年半の色々が落ち着いてホッとしてるから
しんどいのは感じないんだけどなぁ。

なるようになるんだろうなぁ。。。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-30 22:34 | 体調

結局

受診しました。
座ってるのもしんどかったので。

採血、腹部エコー、腹部レントゲンの結果、
肝臓、膵臓等の疾患が疑われる所見なし。

よかった。

でも、貧血があること、ロキソニンの内服状況から
胃からの出血は考えられるため、胃カメラを勧められました。
とりあえず、今通院している病院の医師に相談しますということで
今日は終了。

あと、採血結果でCRPは4.98・・・

がぁーーーーーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この調子だと、今度の受診のCT結果では
免疫抑制剤が追加になりそう。

一応、今回の受診結果は主治医にメールしたので、
その結果によっては胃カメラとかしないとダメかもしれない。

体調管理は難しい。

嬉しかったことは、
おなかが痛いと、背中が痛いとか騒いでいたら、
職場の方が「おなかに優しいと思って。」と気を使ってくれたり、
声かけてくれたりしたことです。

心遣いってこういうことを言うんだなぁって思いました。
私も、心遣いができる人になろうと思いました。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-29 19:38 | 体調

あぁ。

発熱。
風邪症状は、のどが若干痛いくらい。
ひどくはない。
それより腰痛のほうがひどい。

膵臓??

それならもっと痛いんだろうから。

ロキソニン飲んで寝よう。

発熱にちょっとショックを受けました。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-28 22:40 | 体調

少し

試験まであとちょっとです。

腹痛、腰痛、頭痛ともにピークです。
痛みがあって寝れないし、朝も痛くて目が覚めます。
だいぶ重症。

でも、話を聞いてくれる友達がいることが救いです。
話すとそれだけで楽になるようです。

本気で病気かと思うくらい痛いんだけど、
他の症状がないから、やっぱり病気ではないんだと思う。

こんなにプレッシャーに弱かったんだろうかと疑問も出てきたけど。

当日まであと少しなので、
風邪だけはひかないように気をつけたいと思います。

***微妙にのどが痛いけど、大丈夫だと思う。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-28 21:02 | 日常

あと数日

どうなることやら・・・と思いつつ、
試験の日は近づいています。

腹痛に加え、よくわからない腰痛まで出現。

プレッシャーに弱いんだと思う。
多分。

あぁ。
とにかく早く終わらないかしら。

日々、現実逃避。
でも逃避ばかりもしてられないので、
文房具購入でちょっとやる気出してみたりしてます。

ふぅ。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-25 21:07 | 日常

気にするから痛いのかしら。

腹痛が。。。

気にするからなのか、おもーーーーーい感じが続いてます。
痛いのか何なのか微妙。
表現するとしたらやっぱり痛みかなぁ。

試験終わったら良くなるかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-23 19:37 | 体調

あんまり良くない。

体調、すぐれません。
そんな気がしてるだけなのか、わかりませんが。

頭痛と腹痛がひどいです。
頭痛に関しては、痛み止めが手放せません。
がんがん、がんがん・・・・・
腹痛は、ごはん食べても食べなくても痛いので、
もうどうしようもありません。
何しても痛いし、ムカムカするし。

立ちくらみも何だかバァージョンアップ??って感じ。
ちょっとしたことで、くらぁーーーってなります。
そのうち失神とかするんじゃなかろうか。。。
それはないか。

気持ちの問題なのか、ストレスなのか、疲労なのか
原因は定かではありませんが、
まぁ緊張してるんでしょうね、きっと。
ふぅ。

今日はちょっと休養取ったので、明日からまた頑張ります。
試験まであと少し。
頑張らないと。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-21 21:52 | 体調

なんとか

連休中、悩みに悩んで
これ以上考えても何も出てこない気がしたので、
連休最終日に願書提出。

締切までにはまだ時間あったけど、
平日は落ち着いて考えるの難しいから。

考えていて思ったこと。
情けなくなりました。
どうして書けないんだろうとか、何がしたいんだろうとか。
こんなとこで何でつまづくの?とか。
とにかく情けなくなりました。
書いた文章を何回読んでも納得いかなくて。
何が言いたいのか伝わる気がしませんでした。

でも。
これが今の自分なんだと思いました。
これ以上でも、これ以下でもなんですよ、きっと。

これが今の自分だということを認めるところから始まるんだと思ったら、
ちょっと納得いきました。

試験当日は、時間制限ある中で文章書いたり
面接でしゃべったりするので
どうなることやら・・・って気はしますが、
精一杯やるだけかと思います。

何かね。
こんなんでいいのか??って気持ちは、
やっぱりどこかにあるんですけどね。

そういう問題じゃないのかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-16 20:55 | 日常

2週間後

考えるだけで緊張やら何やら。
現実逃避を考えてばかり。

試験って緊張するものだったのね。
忘れてました。

ふぅ。

とりあえず、当日着るスーツをクリーニングに出そうと思います。

はぁ。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-13 22:39 | 日常

泣けた

今日、テレビで「ターミナル」を放送していたので
見ました。
映画館でか、DVDでかは忘れたけど、
一度は見たことがある作品でしたが、泣いてしまいました。

そのあと、来週の番組の予告で日本初の盲導犬の番組の宣伝をやっていました。
それ見たら、まだ番組自体を見てないのに
泣けてきました。

最近、犬ものはダメです。
泣いてしまいます。

どうしてあんなにまっすぐなんだろうって思ったり、
いろんな思いが入り交じり、泣けてきます。
多分、うちの犬が今私の都合でほったらかしなのが気がかりっていうのもあるのかも。

自分を大事にするのはもちろん大切なことだけど、
でも、その自分は決して一人で存在しているわけではありません。
その時点に至るまでに支えてくれた人、
今支えてくれてる人、
これから力になってくれる人、
いろんな人などに支えられて、今があるんだと思います。

自分を大事にすることは、そういう自分を支えてきた、支えてくれている人などを
大事にすることなのかなぁと思いました。

過去・現在・未来

決して、今だけではないんだと思います。
今は大事だけど、その今があるのはこれまでがあったからだってことを
時々振り返ることは必要だと思います。

これまでイヤなこともたくさんあったけど、
それも今の私の一部だと思います。

「ターミナル」のなかで印象的だったシーンは、
主人公がニューヨークに行く理由を聞かれたときに、
父親のためだと答えたシーン。
父もぼくのために同じことをするっていうような内容のセリフが
印象的だった。

いろんな意味で、最近こういうことを考える機会があるので
何だかね。

たまに泣くと、スッキリするものだわ。

また、何ともまとまりない内容だこと・・・
さて明日はうちのぼっちゃんたち、病院に連れて行かねば!!
[PR]
by rinow3 | 2008-09-06 23:53 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧