<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

書くこと 話すこと

今日、ふと思いました。
こうやって普段考えていることを書くことと、
普段考えてることを話すことと、どっちがどうなんだろうと。

文章にしてみると、まとまるような、でもまとまらないような。
冷静にはなれるかなぁと思います。

話すと感情的になるかも。
余計なことまで言ってしまうこともあるし、
言ったあとで後悔してもどうにもできない。
後戻りができない。
でも、話すことで自分でも予期しない感情に気づいたりもする。

自分には、どっちが合ってるだろうかと思うと。。。
多分。
書くほうだと思う。

話すのは嫌いじゃないし、話すことも多いけど、
あとで後悔することが本当に多い。

なんであんな言い方したんだろう。
なんであんなこと言ったんだろう。
って。

後悔すると、本当にしゃべりたくなくなってきて
どんどんマイナス思考になっていく。

こうやって書くことにどんな意味があるんだろうとも思うけど、
毎回同じようなこと書いてる気もするけど、
まぁいっかと思う。

ふぅ。。。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-27 21:16 | 日常

時間

毎日同じ24時間のはずなのに、
長く感じたり短く感じたり。

誰にでも同じように1年という時間があるけど、
それはその人それぞれで長く感じたり短く感じたり。

私が大切だと思っていた人が亡くなって
2年が経つんだけど、やっぱりどっかで実感がないというか。
なんていうか。

時間が解決してくれる。。。
ってよく言うけど。
確かに時間が経つことで、その事実について
自分なりに考えたり、感じることはあるけど、解決はしてくれないんじゃないか
と、最近思う。

今でも、その人との思い出を話そうとすると
涙が出てくることがある。
今までは、乗り越えないと!とか思うこともあったけど、
最近はこれでいいんだろうなって思うようになった。
涙が出るんだったら、それはそれでって思うようになった。

亡くなるってことは
誰にでも訪れることで、いつかはわからないけど、
いつか来る。
早く来る人もいれば、時間がある人もいて。

もし早くに亡くなったとしても、
その人にとって、その人が過ごした時間がどうだったかが
大事なのかなぁと、最近改めて思った。

これって、人だけのことじゃないなぁとも思った。

みんなに同じようにある時間だけど、
それぞれによって違う意味を持つ時間がある。

言葉がうまく出てこないけど、
もやもやしてるけど、
もやもやのまま書いてみたら、ちょっと良かったかも。

寝たらある程度はすっきりするようになってきたから、
そろそろ寝ようかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-22 23:37 | 日常

定期受診

定期受診でした。

CRP1.67。
プレドニンは減量にならず、11mg/日のまま。

この1ヵ月は、頸部の痛みを感じることが多かったように思います。
これまでは左のみでしたが、ここ最近は右も痛いです。
激痛ってわけでもないので大丈夫です。

倦怠感もひどかったかも。
朝起きれないことが多かったように思います。
起きてしまうと動けますが、それまでに時間がかかります。
スッキリ起きれた朝って、あっただろうか??

Hb9.7でした。
最近は10を超えないです。
慣れたんだろうけど、倦怠感はここからもきてるのかも。
主治医に、「レバーとか食べてますか?」って聞かれ、
「いえ。特には。」と答えました。
意識して鉄分を摂ることは少ないかも。
ってことで、今日はお惣菜ですがレバーを買いました。
昨日の肉じゃがとともに晩御飯にしました。
ちょっと意識して食べるようにしようと思います。

体重も増えてます。。。

次の受診時には骨密度量ります。
前回は問題なかったので、今回も問題なしだといいんですが。
どのくらいプレドニン続けてたら症状出てくるんだろう??

貧血、体重増加は注意です。。。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-15 21:47 | 普段の受診

大荒れの天気

ふぶいてます。
そのせいか、今日は朝から体調いまいち。
とは言っても、見た目は全然元気です。

右の頸部が痛みます。
なぜ??
明後日は定期受診なので、忘れなかったら聞こうと思います。

明日も天気が悪いらしい。
朝は起きれないかも。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-13 22:02 | 体調

こういうときは。

時々?いつも?
自分のことがものすごくキライになりそうになるときがあります。
イヤで仕方ないってなるときがあります。
自分の行動、考えなどなど、全てがイヤになることがあります。

そういうときは。
とにかく動きます。
家に帰って、ごはんを食べすぐに茶碗とか洗って、
洗濯して、干して、畳んで、お茶をわかして、新聞読んで、岑と遊んで。
バタバタと色々やります。
そうすると、少し気持ちが落ち着きます。

何なんでしょうね。

私の場合、どこかに「なりたい私」っていうのがいて、
でも、その「なりたい私」は、ものすごく抽象的で、
抽象的すぎて、どうなりたいのか実際はわからない。
でも、その「なりたい私」になれてないように感じて、自分がイヤになる。
ってパターンのように思います。

「なりたい私」って何なんでしょうね。

ここまで気持ちが不安定になるのって、何か理由があるのか?
とか、またわけのわからないことを考えてしまいます。

どうしてこうも自分にむかってしまうのか。
不思議。

どうでもいいことは結構どうでもいいのに。
考え出すと、止まらない。
しかも、暗いところにいく傾向あり。

うぅ~~~ん。

何を気にしてるのかもよくわからず。
結局、何にどう悩んでるのかもわからないってなる。

気分転換に、シャンプーを違う種類のものを買ってみました。
PC中、ボーっとするのに、ロウソクの火のゆらゆらするのを見たり。
(↑これは危ない?!でも、ロウソクの火の影はキレイだと思う・・・)
うちの卓上カレンダーの2月は、満足げな岑で、それをボーっと見たり。
ヨガのポーズをとってみたり。

家に帰って、色々やってると、本当落ち着けるからまだいいのかも。
わんわんうるさい岑を怒っていても、それがあるからいいのかも。

青がじぃーーーっと私を見てるのを見てると、
自分がくよくよしてることに疑問を感じます。
青はきっと、くよくよとかないんだろうなぁとか、青はくよくよしてる私を見て
何でくよくよしてんの?とか思ってるのかなぁとか思ってみたり。

とても深い悲しみや喪失を体験したとき、
規則正しい日常生活、深い悲しみや喪失体験をする前までやっていた
毎日をまた過ごすことで、安心感を得るということが書いてありました。
それまでの日常を過ごすことで、
体もそうだけど、気持ちとしても、失ったものはあるけど、
変わってないものもあるって実感できることは、大切なんだと思いました。

私にとって病気は、健康ということを喪失した体験となっていて、
その喪失体験での感情を整理できてないんだと思います。
この不安定さは、そういうことかもって気が。
そして、バタバタしてて落ち着くのは、それまでの(病気になるまで)自分でいるように
思えるから落ち着くのかも。

深い悲しみ、喪失体験は、乗り越えなくてもいいです。
その深い悲しみや喪失体験を持ちつつ、自分が自分でいられるように
なればいいそうです。
忘れる必要もないんですって。

時間がかかるものだなぁ。。。と、つくづく思います。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-05 00:03 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧