カテゴリ:特定疾患申請( 2 )

手続きって・・・

昨日は定期受診でした。
昼過ぎに受診して、採血してCT撮って、
その結果が出るまで待って診察して。

診察終了後、外来のPCはフリーズしてました。

手書きでも処方箋出せるようでしたが、
オーダリングになってるものを手書きにするのって
結構な手間なのは知ってるし、
今日処方箋出してもらわなくても
まだ薬はあるし・・・と思って、
今日、処方箋取りに行き、会計のために病院へ。

特定疾患の受給者証のことを会計の人に話したら、
本日の会計は保留となりました。

そこまでは、まぁ良かったんです。
問題はそこから。
その会計の人、何を思ったのか
特定疾患の受給者番号だけではなく
私の保険の番号も消していたんです。

何の話かというと、
私の場合、薬に関しては
受給者番号あることで無料になっているんです。
しかし、今回申請し直して
新しい受給者証がくるってことで
新しい受給者証がくるまでは、自己負担ってことになるんです。
でも、通常の保険があるので
3割負担でいいんです。

なのにっ!!

この会計の人が余計なことをしたおかげで、
全額自己負担に。
会計の時点で気づけばよかったんですが、
院外薬局に行ってから気づいた私。
時すでに遅し。。。

薬、全額自己負担。
びっくりの金額でした。
だって30日分だし。

新しい受給者証がくれば、
それ持って、領収書持っていけば
お金は全額返金してくれるのでいいんですけどね。

元はと言えば、
保健センターの不手際なのにっ!!
あんなに何回も確認したのに、こういうことになって。
またもや、イラっとしました。

でも、もう終わったことなので
とやかく言っても仕方ありません。

今回のことで、仕事は責任持ってやらないといけないって
つくづく思いました。
[PR]
by rinow3 | 2007-10-06 01:21 | 特定疾患申請

特定疾患の申請

8月に、特定疾患の申請の手続きをしました。

先日、新しい受給者証がきたんですが、
自己負担額が2倍になっててびっくりっ!!
何で?!

今日、保健センターに問い合わせました。
昨日の時点で、自分でもある程度調べていたので
何で2倍になってたかは、予想はついてましたが。

私の場合、去年の申請のとき
自分の分と旦那の分の源泉徴収書を持っていきました。
よくわからなかったから。
保健センターでは、両方のコピーを渡しました。
採用されたのは、私本人の方。
そのほうが自己負担額は、少なくてすむからです。
でも、その説明がなかったんです。

私は、前回の申請のときに、
どっちの源泉徴収書で申請されたのか聞いたとき
「旦那」のほうだと言われました。
今回の申請のときも、怪しいと思ったので
確認したら、私じゃなく、「旦那」さんのでと言われたので
そうしました。

その結果が2倍ですよ。。。

もうっ!!

結局、私のほうの源泉徴収書のコピーを再度提出して
受給者証の再発行になりました。
でも、再発行されるまでに定期受診があるので
現時点での受給者証の金額を一旦支払い、
あとで保健センターで手続きして、差額が戻ってくるってことに。

面倒で仕方ありません。

間違いがあるのは、人間のやることだから仕方ないとしても
あんなに何回も確認したのに
こういうことになるのは、やっぱり腹が立ちます。

毎回対応がイマイチなので、
信用はしてなかったんですよ。
でもねぇ。
平日しか行けない保健センターで、
仕事の都合つけて行ってること考えたら、何かね。
腹が立ちます。

こういうことがないために、
何度も確認したのに。

勢いで書きますけど、
初めて特定疾患の申請の手続きしたとき
保健師さんの面接っていうのがあったんです。
病気のこととかで、不安とか心配はないか。。。などなどで。
なのに、私の職業聞いた途端、
「じゃあ、大丈夫よね~。わかってるよね、私より。」
って言って、
それ以上の説明はありませんでした。

確かに、説明されなくてのわかる部分だったり
自分で調べることが可能な部分だったりっていうのはあります。
でも、この露骨な対応はどうかと思いました。
わかっていたら、説明しないって。
本当にわかってるかどうかなんて、わかんないんじゃないの??
って言いたくなりました、
ここで、そういうこと言っても、多分通じないんだと思ったので
やめました。
通じる人だったら、こういう対応しないと思うので。

それから、保健センターの人は
私のなかでは要注意っ!!

ぐちっても、申請手続きし直すしかないので
早めに書類送ろうっと。

それにしても、二度手間だわ・・・
[PR]
by rinow3 | 2007-10-01 22:50 | 特定疾患申請


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧