カテゴリ:未分類( 27 )

受診結果

行ってきました、病院。
相変わらず、病院って混んでる~。

採血結果、CRPは陰性になってて、赤沈も下がってて、
貧血も改善されていました。
HLAクラスB52が陽性のわりには、反応良好とのことで
今日からプレドニン減量っ!!
やったぁ~~!!
35mg/日になります。
これで、また2週間後採血して、CRP上昇などなければ
プレドニン30mg/日にもっていけそうとのこと。
このままの様子だと、順調に減量をすすめていけそうと言ってもらえたので
よかったです。ホッとしました。

今のところ感染の兆候もなし。
血糖も上昇ないし、体重も一応気にしながら食事してるので
大幅な増加なし。
これからは、とにかく食べすぎないことを目標に。
目標ができたので、頑張れそうです。

自分のからだのことだから、しっかり管理しながらつきあっていくしかない。
頑張ろう~~っと。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-16 17:21

受診

今日は、プレドニン飲み始めて2週間目の受診の日。
採血して、その結果次第でプレドニン減量できるか決まるのよね~。
うぅ~~~ん。。。
減量できればいいけど。
これが減っていってくれないと、どうにもならなしし。

体調のほうは、いたっていい感じ。
ここ2日くらい、普通に活動してみたけど
まぁ、疲れるかなぁ~程度で、全然今までに比べればいいと思う。
できるんじゃない??仕事~とか思うくらい。
でも、検査結果って自覚症状と比例しないことも多いからなぁ~。
特に炎症反応とかって。
調子良さそうでも、実はそうでもない・・・みたいな。
でも、でも、そんなことばっかり考えてても仕方ないので。

さて、そろそろ準備して病院行こうかなぁ~。
あぁ~。
病院で働いていたとは言え、病院って苦手だわ。。。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-16 10:03

家事

朝は、だんなさんが早起きなので
私は目覚ましいらず。
一応、4月になったら働く予定だしなぁ~と思って、
朝は早起きをすることに。
だんなさんは、ちゃちゃっと自分の支度して、自分でごはん食べて
ゴミ出して仕事へ~。
朝の私は、何もせず、だんなさんとちょこっと話すくらい。
こんな奥さんなのに、文句はほとんど言わない。
彼曰く「無理されても困るから。別にいいよ。」とぶっきらぼうに。
優しい言い方はしないけど、助かっている私。

そして、だんなさんがいなくなったら行動開始です。
まずは愛犬にごはん。
そして、自分の朝ごはんの準備して、食べて、薬を飲む。
洗濯物あれば、洗濯機まわして、食器洗って。
洗濯機終わって洗濯物干して、乾いたのはたたんでしまって。
かる~く掃除機かけて。
あと、その時々に気になったところを片付けて。
1時間ちょっとで終了。
で、今日の夜ごはん何にしようと考える。
このところ、ちょっと料理するようになりました^^;
本見ながらだけど(笑)
メニュー決めて、買い物リスト作りました、今日は。
だって、忘れるんだもん、何買うか。
そして、PCを開く。

こんな感じで、今日の朝は過ぎていきます。
何だかちょっと充実?!とか思うつつ、家事もちゃちゃっとやってしまうと
そんなに苦じゃないんだなぁ~と思った。

まぁ、いつまで続くかわかんないけど、
続けますよ~、頑張って。
今は、職業:主婦だから^^v

今日の夜ごはんは、肉じゃがの予定です。
買い物、行ってこよ~。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-15 09:20

後悔

「後悔」
できればしたくないもの。
でも、これまで後悔したことないです!なんて言えないなぁ。
少なからず、どこかで後悔して、
“あのときこうしてたら~”なんて考えることも。
日常生活のなかでも、“なんであんな風に言っちゃったんだろう~”とか
本当に小さなことでも、振り返ってみると後悔していたり。

でも、後悔することがダメじゃないんじゃないかと。
後悔して、そのままにしてることがダメな気がする。
後悔したとしても、そこから次につなげられるかどうかが
実は、ものすご~~~く重要なんだと思う。
そして、その次につなげるっていうのが
また難しかったりするんだと思う。

私は今の、この流れている時間を後悔しないように、
もししたとしても、後悔してへこむんじゃなくて
“あれでよかったはず!!”と思えるように過ごしたいと思った。

こうやって、毎日仕事しないで暮らしてると、
“これでいいのか・・・”っていう思いに、本当に押し潰されそうになる。
でも、“今はこれでいいんだ、こういう時間も必要なの!”と
自分に言いながら、今の時間を後悔しないように過ごそうと思う。

明日は、どんな1日にしようかなぁ~。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-14 18:40

疲れやすさ

病気だとわかるまで、
仕事休みの日にどんなに寝ても、お風呂に入ったりしても
疲れはとれず、そしてまたたまっていく・・・
といった感じでした。
なんで、疲れやすさは感じていました。
でも、これってきっと誰にでもあることで、あとは感じ方の問題だと
思ってました。

病気だとわかって、症状の一つに「疲れやすさ」というのがあります。
でも、病的な疲れやすさと、ただの疲労感ってどうやって区別がつくんだろう~。
とても不思議な気がしました。

普通に生活していても、何かに集中して長時間やっていると
やはり疲れやすさは感じます。
でも、私的には全然許容範囲。
疲れやすいかもしれないけど、
自分のできる範囲ではアクティブに生活したい!!
そう思った、今日この頃です。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-13 14:32

出会い

私は、札幌で暮らし始めて約4年。
生まれてから大学卒業まで、地元で暮らしてきたので
ほとんどの知り合いは地元のみ。
大学時代の友人が、関東などに就職はしてますが、
道内にこれまでの知り合いは、全くいません。

こっちでの生活を始めた当初、本当につらかった・・・
仕事で落ち込んでも話せる人はおらず、休みの日にごはんに付き合ってくれる人もいない。
最初のころは、仕事にもいっぱいいっぱいだったので
何か趣味で習いごと始める・・・なんて余裕もなく。
職場の人以外の知り合いは、彼のみ。
でも、その彼とは遠距離(道内で札幌-釧路)。なかなか会えないし、彼も仕事が忙しい。
そのうち、一人で買い物行ったり映画見たり、
仕事に慣れてきて、職場の人とごはんに行ったり。
少しづつそういうことも増えてきて。
そして、去年彼が転勤で札幌になったので一緒に住むことになり、
犬との生活も始まり。

それまで職場の人以外との交流は、全くなかったのに
犬との生活を通して、本当に色んな人との出会いがありました。
仕事を通じての出会いも、もちろんあったんですが
犬を通じての出会いは、また少し違って。
職種も年齢も違う、本当に色んな人と話す機会が増えました。

そして。。。
今回病気になったことで、私はこれまで出会った色んな人に感謝したいと思いました。
親、兄弟、だんなさん、大学時代の友人、職場の人、愛犬を通じて出会った人。
私が落ち込んでないか言葉をかけてくれ、
「できることない?」と言ってくれ、
ただただ私の話を聞いてくれて・・・
色んな人の言葉が、優しさが私を支えているんだと感じました。
今日も、いつも愛犬がお世話になってるお店で、
話をしていてそう感じました。

感謝の気持ちを言葉にするのは、難しいんですが
できるだけ、会ったときには「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしよう!!
と、今日思いました。

いつもの通り、まとまりのない文章ですが。
これからも出会いを大切にしていきたいと思いました。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-12 21:17

おいしいごはん

最近、ほとんど自炊をしています。
これまでは、ごはんを作る時間も心の余裕もなくて、
コンビニだったり、スーパーの惣菜だったり。
うちのだんなさんも、私の手抜き家事に特に何も言わない、
というか、多分しょうがないって思ってくれてる??ようで
本当に手抜きでした。

ところが、最近は時間があるので
朝、昼、夜と簡単なものではありますが、
少し手を加えたものを作ってました。
そして、今日は。。。
久々に外食です。
しかも、以前行ったことのある、そしてまた行きたい!!と思っていたお店。
うふふっ。
最近、“これが食べたい!!”って思うこともあんまりなかったんですが
今日は、もう頼むもの全部おいしくて*^o^*
すっかり食べ過ぎてしまいました。

おいしいもの食べてるときって、
どうしてこんなに幸せな気持ちになれるんでしょうか。
そして、あんなにおいしい料理を作れる人は
すごいと思いました。

プレドニンの副作用で、食欲upして太ってしまうんだろうけど、
おいしいものは、おいしく食べたいなぁ~って思います。
今からダイエット計画立てなくてはっ!!(笑)
[PR]
by rinow3 | 2006-03-11 20:39

ことば

今は大学病院に通院してますが、
その前に受診していた内科の医師に、こんなことを言われました。
「この病気(大動脈炎症候群)は、まだわかってないことも多いからね~。
 5年後生存率も80%だしね~。」

このときは、さらっと聞き流してました。
でも、家に帰る途中の車の中で思い返していて、
“えっ・・・。ってことは、あとの20%はどうなるの??”
それから、私の頭のなかでは、この言葉がいつもまとわりついていて。
もちろん、絶対80%ってわけでもないし、
他の要因(合併症の有無とか、高血圧の有無とかとか)も関係してくるし、
本当にわかんないし、昔よりは予後は良好って言われてるみたい。
でも、でも、私の頭のなかでは・・・

そして、思いました。
ことばって恐いなぁ~って。
きっと医師は言う必要があって言っていて、多分嘘ではないんだと思います。
でも、聞くほうは・・・
そのときの心理状態とかにかなり左右されてしまって、
言っている人の意図とは違う風に受け取ることもあると思う。
私自身、そうだったので。

もし5年しかないんだったら。
それならそれで、今やることをやるしかない気がする。

私は、自分の病気について、重く受け止めすぎているのか、
軽く受け止めてしまっているのか、よくわからない。
よくわからないから、どこか人ごとのような気もしている。
誰かに話すときも、自分のことなのに、他の誰かの話のように話してるときがある。
治療することで、日常生活に支障はないかもしれないけど、
将来の不安は常につきまとう。

こうやって「ことば」にしていくことで、
自分の気持ちが少しづつ整理できればいいなぁ~と思う。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-10 21:01

このところ、本を読むことが多いかなぁ。
元々本は大好きなんだけど、疲れているとなかなか読めず・・・
しかも、仕事に関係ない本とかは、本当に読まない。

最近、大学時代にはまっていた推理小説をまた読むことにした。
著者が大学(理系)の助教授ってことで、結構言い回しとかが難しい。
でも、読み終わったときに“次も読みたい!”となぜか思ってしまう。
あとは、感動ものを読んでるかなぁ~。
なぜが無性に泣きたくなってしまって・・・
この前読んだのは、飼い主さんが亡くなって黒いラブラドールが白くなってしまうもの。
うちにも愛犬がいるので、何だか妙にしっくりきてしまって・・・
“うるっ”っときました。

活字を真剣に目で追ってるときって、余計なこと考えてない気がする。
その世界に夢中になって。
いい気分転換になってるかも。

ここ数日、たちくらみがひどい気がする。
寝てる姿勢から座ったとき、座った姿勢から立ち上がったとき。。。
貧血すすんでるんだろうか~。
今度の受診のとき、また採血するだろうし聞いてみよう。
でも、これ、今までだったらそんなに気にしなかったかも。
っていうより、気にする余裕なかったんだと思う。
今は、ちょっとした体調の変化が気になる。
気にしすぎてもダメなんだけどなぁ~^^;
[PR]
by rinow3 | 2006-03-10 08:01

仕事

就職して約4年。
同じ職場で働いていました。
最初の1年は、仕事もできず、新しい環境にも慣れず、
友達もいなくて、本当に辞めて帰ろうと思ったこと、一体何回あったことか・・・
でも、色んな人の助けで、辞めずに続けてこれました。

今は、仕事はお休み中。
一応主婦してるけど、主婦って孤独だなぁ~って思いました。
出かけなかったら、だんなさん以外の人としゃべることもなく。
社会から離れていく感じ。
こういうことなんだぁ~、主婦って・・・
実感してます。
あたしには、主婦onlyはできなさそう。

仕事って、自分の好きなことできる人もいるけど、
大抵の人は生活のためだったり。
あたしも、生活のためが7割くらいはあると思う。
あと3割が、好奇心。
一応、4月から新しい職場で働く予定。
今までの仕事は、不規則な勤務帯で、どちらかというと体力勝負。
今度の仕事は、頭使わないといけない仕事。
生活は、多分今までよりは規則的になるかなぁ~。
仕事しないって、変な感じ。
どこか落ち着かないというか・・・
ゆっくり過ごす・・・っていうのが、どうにも落ち着かないみたい。

これって、性格なのかなぁ~。
焦りなのかなぁ~。
うぅ~ん・・・
[PR]
by rinow3 | 2006-03-09 21:04


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧