帰ってきて

実家から戻りました。

帰ってきて、今日、父親から電話がありました。
「疲れたんじゃないかと思って。」
泣くかと思いました。

心配かけてるんだなぁと思いました。

これまでは心配かけないように・・・って思ってました。
でも、そうやって心配かけないようにってやっても
やっぱり無理なこともあって。
だから、意地とか見栄とかなしで、
甘えるときは甘えたらいいんじゃないかって思いました。

実家にずっといたい・・・
とか、
どうして私は結婚して、北海道にいるんだろう・・・
とかも思いました。

でも、旦那の存在には支えられてるところは大きいし、
北海道に来て出会った人々もたくさんいるし。
色んな出会いがあって、今の自分があって。

結婚したことも、北海道に住んでることも後悔はしてないです。
ただ、年を取っていく父親を見ていると、
そばにいない、すぐに会えない距離であることが
もどかしい気持ちになるんです。
何かあったとき、そばにいれないっていうよりも、
一緒に過ごせる時間がとても限られてるっていうことが、
本当に切ないというか、悲しいというか。

だからこそ、実家に帰ったときや札幌に戻ったときに
親に対する想いが強くなるのかなぁとも思います。

離れたから気づいたことは、本当に多いです。

まだ元気な親だけど、
できるだけ帰れるときは帰ろうって思いました。
それが数日だけだったとしても、
顔見せるだけでも違うと思うので。

親の写真見るだけで、今は涙が出るけど、
それもありなんだって思えるようになったので、
とりあえず泣いてスッキリすることにしてます。

会えないこととか、我慢が必要なこともあるんだろうけど、
感じたこととか、その感じたことをどこかに表現することとか、
そういうことはあんまり我慢は必要ないんだろうなぁって思いました。

新年からは自分に素直になりたいです。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-25 20:21 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧