自分にも人にも

今回のことがあって本当に思うこと。

自分にも人にも、優しくなりたいと。

今までは、多分自分に厳しかったように思う。
厳しいっていう意識はないんだけど。
でも、だからこそ、やってない人とか見たら
“なんで?私にもできるのに、なんでせんの?”
“病気の私もやってるのに、できるやろ?”
って思ってたんだと思う。
だから、
やってないと思う人とか見たら、
イライラしたり、それが態度に出てたりして。
そういう自分に、またイライラして。

でも、そうやっても、自分のためにもならんし、
その人にもイヤな思いさせるだけやし、
本当にいいことなしなんよね。

誰かと話してるとき、接してるとき、
私の話し方、接し方の傾向として、
否定的な言葉のほうが多いってことがわかった。
特にこっちに帰ってきてそれは思った。
多分、本当に気を使わんけん、そうなるんだと思う。
でも、それはこっちの人が今までの私がそういう傾向があるってことを知ってて、
それを許してくれてるからどうにかなってるだけで、
そういう環境じゃなかったら、自分も相手もイヤな思いするだけやと思う。

自分が言われたら・・・
多分、いや、きっとイヤな気持ちになるなぁ・・・って思うのに。
言ってる自分がいる。

今までも気づいてたことだけど、
見ないように、気づかないようにしてたように思う。

避けてきたことで、それがどんどん積み重なっていったような気がする。

自分をある程度認められないと、
人にもそういう風には接することはできないってことが
本当に実感してます。
ただ、実感してても、実行できるかっていうと、
それがね。
実行しようとはしてるけど、なかなかできてないのも事実。

これまでの積み重ねがあるし、
すぐに変わるとも思えんけど、努力はしたい。

自分に優しくなれれば、病気のことも今よりは受け止められるように思う。

病気は今の医療では完治はしない。
それはもうどうしようもできない現実。
自分らしく、どう病気とつきあっていくかが大事なのも
頭ではわかってる。

病気があることで、できないこともあるけど、
病気があっても、できることはある。

できることを、できるときに、できるだけ一生懸命やる。
そのときの自分にできる範囲で。

行動がともなうように。
来年の目標にしようかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-12-20 00:15 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧