久しぶりか。

今日は旦那の仕事が休みでした。
いつもの週末は、休みと言えば休みなんだけど、
仕事に行ってるのでほとんどいません。
なので、二人で一日どこかに出かけることは年に数回?あるかないか。

今日は旦那の買い物につきあってきました。
旦那は大好きなスポーツメーカーの店でおおはしゃぎ。
しかも安いもの好きの旦那は、アウトレットってことで
いつもより安く買えて、これまたおおはしゃぎ。

「また来たいなぁ~。」
と、楽しそうに言ってました。

途中、私は疲れてましたけど、休憩しながら
あーでもない、こーでもないと言いつつ買い物につきあってました。
その後も、帰りにスポーツ用品店に寄ったりして、
夜ごはんの買い物して、家に帰ってごはん作って、食べて、片付けて、
今に至ります。

こういう1日、もしかしたらとっても大事かも・・・
と思いました。

私たちには共通の趣味などはありません。
それぞれが、それぞれの好きなことをして楽しむことが多いです。
時々食事に出かけることはあっても、
こうやって買い物とかっていうのは、なかなかありません。

相手に合わせるよりも、自分の好きなように時間を使いたいと思ってました。

でも、上手く言えないけど、こういう時間が大事だと感じました。
自分の時間を持つことも大事だけど、
旦那とこういう時間を持つことも、私にとっては大事なことだって
何か、そう感じました。

深く考えないで、そのとき感じたことを大事にしながら過ごすって
今の私には大切なことなんだと思いました。

やっぱり考えすぎたりすることも多いけど、
自分のなかで上手くいかないと感じることも多いけど、
それはそれ!って思えるようになったら、
少し変わる気がしてきました。

今日は何もしてないけど、
何か楽しかった1日でした。
[PR]
by rinow3 | 2008-11-30 20:48 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧