縛られてるのか

私は自分の中にある、よくわかんない固定概念みたいなものに
縛られてるような気がしてきました。

小さいころから、何でも自分でやらないとダメっていう状況で、
それが当たり前になっていました。
親に褒められることはほとんどなく、どうしたら褒められるのかって
必死に考えていたことを思い出しました。

そんな私がとっていた行動は、
とにかくすべてにおいて、できる限り「ちゃんと」するってことでした。
勉強もそうだし、学校生活も、他のことも。
「ちゃんと」することで、もしかしたら褒められるかもって思って
色々やっていたように思います。

しかし、ある時から「ちゃんと」するのがイヤになった時期がありました。
両親の離婚です。
「ちゃんと」していても、こういうことが起こるし、
何より母親のことがどうしても許せなくて、その許せない母親の子どもだってことも
とてもイヤになり、「ちゃんと」するのもイヤになりました。

その後、大学入学とともに一人暮らしを始め、
気ままに生活してましたが、就職して、そして今の仕事を始めて、
職業柄、「ちゃんと」しないといけないって気持ちが
また出てきてたんだと思います。

「ちゃんと」しようって思うことがダメではないんだろうけど、
そう考えるせいで、自分らしくっていうのが、どんどん遠のいていってたように
今は思います。

だから、今のこの状況がとてもつらいんだと思います。

体はついてこない、気持ちもついてこない。
自分のしたいようにはできないこの状況。

形とか、答えとか求めすぎなんだと思います。
何となくはわかっていたことだけど、
痛感しました。

もう少し自由になれたら・・・って、思いました。
[PR]
by rinow3 | 2008-11-24 00:35 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧