入院の記録③

11/13(木)
朝採血して、データ改善してました(入院の記録②を参照)。
だいぶ元気にはなってきてて、座って色々できるようにはなってました。
ただまだ疲れるみたいで、寝てる時間は多かったように思います。

11/14(金)
CFの予定だったので、朝6:00~ニフレック開始。
2L飲むのに3時間。
途中吐くかと思いつつ、何とか飲んだけど、
なかなか便が出きらず、ニフレック1L追加に。
昼過ぎまでかけて飲んで、排便の様子見てましたが
なかなかね。
結局高圧浣腸2回かけて、何とか検査できることに。
16:00~CF。
前回のことがあったので、先生も「今回は大丈夫??」と言われましたが、
私が何かして防げることでもないので、
「どういでしょうね~。」なんて話をしつつ検査が進んでいきました。
CF中は、今回は映像見ながらできました。
前回はそんな余裕なかったので。
開始と終了時間を確認するくらいしかできなかったし。
CFの結果、大腸には明らかな所見なし。
回腸部分に潰瘍とびらんがあるけど、そこから先はわからないってことで、
小腸カメラをやることに。
この時点で考えられていたのが、
●NSAIDs潰瘍(非ステロイド性抗炎症薬:私の場合、ロキソニン、アスピリン)
●クローン病
●ベーチェット病
クローンとベーチェットに関しては、回腸部分に潰瘍ができるっていう特徴があり
それが今回どうなのかって話でした。
ただ、回腸に潰瘍はあるんだけど、
クローンやベーチェットでできる潰瘍とは少し違うかもっていうのが
この時点の主治医の説明でした。
私は、また特定疾患なのか・・・って、正直諦めの気持ちも出てきてました。

この日の検査終了後、疲れが出たようで夕方3時間くらい寝てました。
消灯前に目が覚め、この日まで(11日~)風呂にも入れてなかったので、
とりあえず髪だけ洗いました。
すっきり。
清潔にするって本当に大事だなぁって実感しました。

この日、昼間に前の職場の先輩が来てくれました。
あまり時間がなかったのに来てくれて。
少しの時間でしたが、話してるうちに泣いてしまいました。
安心したというか何というか。
考えられないって感じもあったので、泣くしかなかったのかもしれません。
そのあと、他の友達も来てくれて。
いつものように話ができたことが、本当に嬉しかったです。

11/15(土)
昼間シャワー浴びました。
何日ぶりかで、本当にすっきりしました。
日中は友達が面会に来てくれたので、絶食中でもあまり苦痛ではありませんでした。
前日CFしたため、ガスがたまっていて腹痛が時々あったものの、
しんどいって思うほどでもなかったかな。

11/16(日)
この日も日中友達が来てくれました。
入院してることを言うのはどうかと思ってました。
でも、一人で頑張るとかできなくて、もういいやって思って
数人の友達にはメールしました。
近くの友達は来てくれたり、遠くの友達はメールの返事くれたり。
友達って大事だと本当に思いました。
ありがとうございました。

夕方、旦那登場。
今回のことでは本当に迷惑かけました。
11日は夜間に受診になってしまったため、
旦那は寝ないで翌日仕事に行ってたようです。
私の荷物とかもあるから、12日の夕方も来てました。
ぐったりしてたため、13日夕方も様子見に来てて。
病院に来て、家では慣れない2ひきの相手をしてたようです。
病衣が着たくなかったっていう私のわがままのため、
旦那は洗濯をして、色々持ってきてくれてました。
一人暮らし長かったので、ある程度の生活はできる人だったことが
今回助かりました。
14日からは私もだいぶ元気になっていたので、来なくていいよと言ってたため、
日曜のこの日に来てました。

話をしてて、旦那が
「俺いないときに何かあったらどーするん?」
って言ったときはびっくりしました。
そういうこと考えるのねーって。
もしかしてまた難病かもねとかって話をしてたときも、
「そうか。大変なことになるな。」
って。
そういうこと、本当に普段言わないので考えてもないと思ってたけど、
考えるんだなぁとか、新たな発見もあったりしました。

11/17(月)
朝からやっと食事開始。
11日の昼から食べてなかったので、大丈夫??とかって思ってましたが、
一応クローン病食だったため、おなかに優しく食べても大丈夫でした。
19:30~カプセル内視鏡開始。
大きめのカプセルを飲みます。
これがカメラになっていて、小腸の画像を撮り、腹部に巻く機械にデータがいきます。
カプセルは便とともに出てくることになってます。
この日は、私の主治医が当直だったので
夜間何回か今どのあたり~って一緒に確認してました。
主治医は女の先生でしたが、楽しい~って言いながら見てました。
おもしろい人です。

11/18(火)
朝排便とともにカプセル出てきました。
ベーチェットかどうかってことで、眼科受診。
特に異常なし。
採血をし、カプセル内視鏡の結果も出て主治医から説明ありました。

CFした段階ではクローンやベーチェットの可能性もあったけど、
小腸も異常所見なし、眼科も異常所見なしってことで、
今回は、NSAIDs潰瘍だろうってことでした。
ただ、CFのときに組織取れなかったので、アスピリンを1週間くらい止めた状態で
もう一度CFやる必要はあるとのことでした。
今後、アスピリンは止めれないとしても、ロキソニンは内服しないようにってことになりました。
また今回みたいに出血があったときは
様子見ないで受診したほうがいいだろうってことでした。
アスピリンの内服を続ける以上、出血はしやすいだろうし
出血して血圧下がれば、今回のように容易に失神してしまうだろうから
早期に輸血が必要になるだろうってことでした。

11/19(水)
10時前には退院。
荷物は前日まとめてあって、旦那が取りに来てくれていたので
ほとんど荷物もなく帰れました。
帰ってきて2ひきを見たら、泣いてしまいました。
病気があったとしても、普通に生活できるってやっぱり大事だなぁ~って。


今回、本当に色んな大事なことに気づいたように思います。
仕事も年内は休みことにしました。
最初は休むなんて・・・って思ったんですが、
そういうのもありかなぁと思いました。

今回のことは、私の管理の問題(内服の仕方とか)はあったと思います。
でも、気をつけていてもなったかもしれません。
無理をしたとかしないとかって問題ではないんだと思ってます。
ただ、このようなことになって体としては弱っているので、
休みは必要だと思いました。

もう少し「自分らしく」色んなことに向かっていきたいって思いました。
何が「自分らしい」のかはまだわかりませんが。
「自分らしく」なかったと感じる部分は多いです、ここ2、3年を思うと。

何を書きたいのかしらって感じですが、
とりあえず、今ある時間をゆっくり過ごそうと思います。

ご心配おかけしました。
友達や家族に本当に感謝しています。
ありがとうございます。
[PR]
by rinow3 | 2008-11-19 22:24 | 入院


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧