父親の入院

さっき妹から電話がきた。

「お父さんが入院した。今日の夕方手術やった。」

びっくりした。
生死に関わるのか、それだけが知りたかった。

話を聞いてると、仕事中に目を怪我して
その手術をしたとのこと。
ただ、かなり難しいことになってるようで、
失明の可能性も大きい様子。
手術で中を見てみないとわからないってことらしい。

とりあえず、すぐどうにかなるわけではないようで
そこについては一安心。

妹はかなり動揺していた。
弟も自宅にはいるけど、まぁ頼りにはならない。
私が高校3年のときに離婚しているため、母親はいない。

父親は妹に、姉の私には絶対言うなと言ったらしい。
あいつも自分が病気で、しかも遠くに嫁に行ってるから
言っても心配をかけるだけだからと。

はがゆかった。

結婚すると決めたとき、
いつかはこういうことになることは覚悟していた。
仕事柄、夜勤なども当時あったし、
何かあってもすぐに行けないことは覚悟していた。

遠くに嫁に行くってこういうことなんだと実感した。

父親の姉が同じ県内に住んでいるため、妹のことは
その人に連絡して頼んだ。
私にできることは、そういうこと。

口は出せても、実際の援助はすぐにできない。

はがゆい。

父親は趣味もあって、結構日々を楽しんで暮らしている。
目が見えなくなるってことは、したいこともできなくなるだろうし
妹に八つ当たりもするだろう。
もし失明ってことになれば、また妹の負担は大きくなるだろうし、
父もつらいと思う。

何もできない感でいっぱい。
悔しい。

家族が病気になるっていうのを、普段第三者として見ているけど、
自分のこととなると冷静になれない部分が多い。
そういうものなんだろうけど。

自分が遠くに嫁に来たことを後悔はしてないけど、
覚悟は必要だと再確認した。

無事手術が終わっていますように。
視力が多少悪くなっても、失明にはいたりませんように。
[PR]
by rinow3 | 2008-10-29 21:43 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧