CRP

本日受診。
CRPは2.8
Hbは8.5
前回、腹痛ひどかったときのCRPが4.8だったから
そのときよりは下がってるけど、
なんで下がってるかは不明。

腹部のCT結果も、特に異常なし。
一応読影に出して、その結果も踏まえてって言ってたけど。
主治医が見る限りでは何ともないみたい。

何なんだろ、この腹痛。

Hbは低めなので、今回から鉄剤が追加になりました。
コーヒーを控えめにしないといけません。
ブラックのコーヒー、好きなのに・・・

来月、頸部のCT撮って、採血結果と合わせて
今後の治療について考えることになりました。
プレドニン10mg/日は、維持量としては微妙なところらしく、
プレドニンを増量するか、免疫抑制剤を追加するかだと、
今の状況を考えると、プレドニンの増量のほうになりそうです。
妊娠可能年齢ってことを考えると、免疫抑制剤を追加するよりは
プレドニンのほうが安全ってとこらしい。

妊娠予定、全くないって言ってるんだけどなぁ。

来月の検査次第で、プレドニン15mg/日になる可能性大です。
あぁーあ。
せっかくここまで減ったのに。

仕方ないんだろうけど。

鉄剤飲んで、貧血が少し改善されたら
自覚症状も少し気にならなくなるのかもしれない。
[PR]
by rinow3 | 2008-10-09 23:07 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧