なんとか

連休中、悩みに悩んで
これ以上考えても何も出てこない気がしたので、
連休最終日に願書提出。

締切までにはまだ時間あったけど、
平日は落ち着いて考えるの難しいから。

考えていて思ったこと。
情けなくなりました。
どうして書けないんだろうとか、何がしたいんだろうとか。
こんなとこで何でつまづくの?とか。
とにかく情けなくなりました。
書いた文章を何回読んでも納得いかなくて。
何が言いたいのか伝わる気がしませんでした。

でも。
これが今の自分なんだと思いました。
これ以上でも、これ以下でもなんですよ、きっと。

これが今の自分だということを認めるところから始まるんだと思ったら、
ちょっと納得いきました。

試験当日は、時間制限ある中で文章書いたり
面接でしゃべったりするので
どうなることやら・・・って気はしますが、
精一杯やるだけかと思います。

何かね。
こんなんでいいのか??って気持ちは、
やっぱりどこかにあるんですけどね。

そういう問題じゃないのかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-09-16 20:55 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧