泣けた

今日、テレビで「ターミナル」を放送していたので
見ました。
映画館でか、DVDでかは忘れたけど、
一度は見たことがある作品でしたが、泣いてしまいました。

そのあと、来週の番組の予告で日本初の盲導犬の番組の宣伝をやっていました。
それ見たら、まだ番組自体を見てないのに
泣けてきました。

最近、犬ものはダメです。
泣いてしまいます。

どうしてあんなにまっすぐなんだろうって思ったり、
いろんな思いが入り交じり、泣けてきます。
多分、うちの犬が今私の都合でほったらかしなのが気がかりっていうのもあるのかも。

自分を大事にするのはもちろん大切なことだけど、
でも、その自分は決して一人で存在しているわけではありません。
その時点に至るまでに支えてくれた人、
今支えてくれてる人、
これから力になってくれる人、
いろんな人などに支えられて、今があるんだと思います。

自分を大事にすることは、そういう自分を支えてきた、支えてくれている人などを
大事にすることなのかなぁと思いました。

過去・現在・未来

決して、今だけではないんだと思います。
今は大事だけど、その今があるのはこれまでがあったからだってことを
時々振り返ることは必要だと思います。

これまでイヤなこともたくさんあったけど、
それも今の私の一部だと思います。

「ターミナル」のなかで印象的だったシーンは、
主人公がニューヨークに行く理由を聞かれたときに、
父親のためだと答えたシーン。
父もぼくのために同じことをするっていうような内容のセリフが
印象的だった。

いろんな意味で、最近こういうことを考える機会があるので
何だかね。

たまに泣くと、スッキリするものだわ。

また、何ともまとまりない内容だこと・・・
さて明日はうちのぼっちゃんたち、病院に連れて行かねば!!
[PR]
by rinow3 | 2008-09-06 23:53 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧