へこんで、いやされる

はぁ・・・
ため息をつきたくなるような出来事ばかりが、ちょっと続いている。
ほんと、いやになる。
なんで??って思う。
私の能力の問題なのか。どうなんだろう。
多分そんなに気にすることでもないんだと思う。
だけどね。
気になるのよ。
性格だわ、きっと。。。

で、今日本屋に行ったら、うちの子の写真応募したやつが載ってる本があった。
本当にあったからびっくり。
もうね、親ばかからだろうけど、嬉しくて。
本屋でそれ見てるだけで、それまでイロイロへこんでたことが
何だかたいしたことじゃないような気がしてきたもんね。
すごいよ、うちの子^0^v

勢いで2冊購入。
1冊は実家に送ろうと思います。

幸せだと思った。
へこんでも、こうやっていやしてくれる存在がいるから。

私の都合で長時間留守番させてるし、
普段は散歩にも行かないけど。

この子たちの存在は大きいね。

明日はちょっと頑張れそうです。
この本、もう1冊買おうかしら。
保管用にね。
[PR]
by rinow3 | 2008-07-31 22:14 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧