時間

今の時期、少しだけ時間に余裕があります。
やることはたくさんあるけど、ある程度自分のペースで進めていけます。

ここのところ、いつもよりは早めに帰宅しています。
少しでも早く帰ると、できることはたくさんあるものだと思いました。

元々、家事全般をやることは嫌いではありません。
でも好きでもないので、忙しいときは本当に適当。
洗濯とゴミ捨てくらいしかしないこともしばしば。

こうやって時間できると、夜ごはんもまともなものを作ったりします。

「時間はつくるもの」
と、よく父親に言われていました。
時間がないのは言い訳だって。

確かにね。
わかるんだけど、普段は「時間がない」ことを理由にしてます。

どんなときも1日24時間は変わりなく、誰にでも同じようにあるもの。
だからこそどう過ごすかは自分次第。
そういうことを父親は伝えようとしてたのかなぁと、最近思います。

少しまともなものを食べて、休養とるかなぁ。
[PR]
by rinow3 | 2008-07-29 21:26 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧