自己嫌悪

時々、ものすごく自分がイヤになることがあります。

どうしてあんなことしたんだろう。
どうしてあんなこと言ったんだろう。
どうしてあんな態度取ってしまったんだろう。

もしかしたら、そんなに重要なことではないのかもしれません。
でも、もしかしたら重要かもしれません。
相手にとっては、ものすごくイヤなことなのかもしれません。

普段はあまり考えないで行動することが多いので、
相手にイヤな思いをさせている可能性は大きいです。
仕事のときは、気にしすぎておかしくなりそうになります。

いろんなことが極端な自分。
白か黒って部分もあったり、
気を使うときと使わないときの差が激しかったり。

中間っていうのが、なかなかわかりません。

中間って何?って悩んでしまいます。

考えすぎるか、考えないか。
中間ができたら、もう少し楽になれる気もします。

自己嫌悪で、今日は食べ過ぎました。。。
おなかがパンパン。
こんなことするから体重減らないし、日頃頑張ってるのも
結局ゼロな結果になってしまう。

もう少し自分の感情をコントロールできたらいいのに。

冷静に考えて、その時々に適した行動が取れればいいのに。

こんな風に理想ばっかり高いから、
そこにはなかなか到達できないから、
自己嫌悪も強くなるような気がしてきました。

とほほ・・・

うまくいかないものです。
[PR]
by rinow3 | 2008-06-29 20:40 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧