定期受診。

今日は約2ヶ月ぶりの受診でした。
CRP0.7
Hb9.1

CRPの上昇がないので、プレドニンが10mg/日になりました。
やっと。
良かった。

でも、ここのとこ調子悪いときもあって
そういうときは、1mg増やしたりしてました。
それ言うの忘れてました。。。

右腕の疲れのことも言うの忘れてた。

ふらつきはまぁまぁあって
座っていても、体の向きを変えただけでフラッとなることがあります。
でもこのデータでそこまでの症状が出るとも考えにくいってことで。
気持ちの問題??
フラッとしてる気がしてるだけなんでしょうかね。

わかりません。

次の受診は2ヶ月後。
やっと間隔があいてきました。

調子が悪いかって聞かれても
イマイチわからないってことが続いてます。
何が普通で、何が調子の悪さなのか。
ただの気持ちの問題なのか。

自覚症状って気持ちの問題だと思う部分も多いような気がします。
でも、自覚症状があるってことは
体がツライって言ってるサインなんだとも思います。
何だか微妙です。

9月の受診のときに、CT撮ります。
狭窄が進んでいるとは考えにくいとのことですが、
撮ってみないことには、はっきりしたこともわかんないし。

倒れない程度に日々やりたいことをやっていきたいと思います。

なにはともあれ、プレドニンが減量できたことは良かったかなぁ。
[PR]
by rinow3 | 2008-05-22 21:08 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧