おーばーわーくって?

今日言われたことで、とてもショックだったこと。

「あなたにしたらオーバーワークなんじゃない?
しっかりしてよね。
何かあったら、私の管理不行き届きなんだから。」

これって、誰のための言葉なんだろうって思いました。

私は、今の仕事になってから定期受診のための休みはあっても
体調不良によるものはありません。
時期的に休みが取れそうなときで、疲れてるなぁってときは
休みを取ることはありましたが。

今日はいつもよりは遅い時間まで仕事していました。
でも、それは昼間に他の仕事があり、その仕事にむかえなかったから
その時間にやっていたんです。
あくまでも自分のペースです。

私も考えられる部分はあるので、無理をしようとは思ってません。
できる範囲のことは、できるだけやってるだけです。
それでこういう風に言われると。

今の仕事ではなくても、他の仕事だってやってられないんじゃないかって思います。

確かに疲れます。
頭も働かなくなります。
同じ年代の人だったら大丈夫でも、私は疲れやすかったりします。
そういうことを考えた上で、できるときにしかやらないようにしています。
なのに。

ほんと、なんで??って気持ちが大きくなるばかりでした。

これで何かミスがあったら、

「無理するからよ。集中力も続かないんだから。
疲れやすいんだから、そういうこと考えてね。」

とかって言われるんだと思う。
過去に似たようなことを言われたことがあるので。

でもね。
これが病気じゃなかったら、こういう風には言われないんだと思うと、
本当にせつなくなります。

こういう現実って、私の努力で変えれる部分ってあるんでしょうか??

やる気もなくなるし、ただただせつなくなりました。

あと1年だから、何とか頑張ります。
[PR]
by rinow3 | 2008-03-26 23:14 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧