受診

定期受診でした。

CRP 1.0
Hb 10.3
フィブリノーゲン 444

横ばいでした。
次回受診は5月下旬。
これまでで一番間があきます。

あまりデータの変化もないので、間をあけても支障ないだろうとのことでした。

今日は骨密度も測りました。
昨年と比較して、若干低下していました。
カルシウム剤、昼分飲み忘れが多いせいかしら。。。
今のところ、特に治療が必要なまでにはいたっていないので
このまま経過観察で、来年の3月頃にまた測ります。

主治医に毎回自覚症状を聞かれますが、
何とも言えません。
特に最近は。
調子悪いような、そうでもないような感じなので。

階段の上り下りで息切れしたり、ふらついたり、倦怠感が強かったり。
それなりに症状はあるような気がしますが、
これがどの程度のものなのか、やっぱりわかりません。

今日の血圧。
104/60
主治医の一言。
「これならふらつくかも。」
そうなの?!
左腕で測ってこれだったら、右で測ったらどうなるんだか。
多分20くらい低くなるんだと思うけど、
測れるんだろうか?って気もしました。

今日は眼科も行ってきました。
眼圧上昇なく、3ヶ月後に来てってことでした。
忘れそう。。。

次の受診でのデータをみて、プレドニン減量できるかどうかってとこです。
11mg/day 
なかなか減りませんね。

何が無理なのか、いまいちわかりませんが
体調管理をしつつやってくしかないかと思います。
ふぅ。
[PR]
by rinow3 | 2008-03-21 21:20 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧