時間

毎日同じ24時間のはずなのに、
長く感じたり短く感じたり。

誰にでも同じように1年という時間があるけど、
それはその人それぞれで長く感じたり短く感じたり。

私が大切だと思っていた人が亡くなって
2年が経つんだけど、やっぱりどっかで実感がないというか。
なんていうか。

時間が解決してくれる。。。
ってよく言うけど。
確かに時間が経つことで、その事実について
自分なりに考えたり、感じることはあるけど、解決はしてくれないんじゃないか
と、最近思う。

今でも、その人との思い出を話そうとすると
涙が出てくることがある。
今までは、乗り越えないと!とか思うこともあったけど、
最近はこれでいいんだろうなって思うようになった。
涙が出るんだったら、それはそれでって思うようになった。

亡くなるってことは
誰にでも訪れることで、いつかはわからないけど、
いつか来る。
早く来る人もいれば、時間がある人もいて。

もし早くに亡くなったとしても、
その人にとって、その人が過ごした時間がどうだったかが
大事なのかなぁと、最近改めて思った。

これって、人だけのことじゃないなぁとも思った。

みんなに同じようにある時間だけど、
それぞれによって違う意味を持つ時間がある。

言葉がうまく出てこないけど、
もやもやしてるけど、
もやもやのまま書いてみたら、ちょっと良かったかも。

寝たらある程度はすっきりするようになってきたから、
そろそろ寝ようかしら。
[PR]
by rinow3 | 2008-02-22 23:37 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧