決めるのは自分よね。

結局のところ、最終的にどうするか決めるのは
自分なんだよなぁ・・・
と、つくづく思った。

いろんな人の意見と聞いて、参考にするのはいいんだろうけど、
翻弄されたらダメな気がする。

何が良くて、何がダメかとか、
自分が何をしたいのか、何をしようとしてて
決めようとしてるのか。

きっとどんな決断をしたところで、
決めたのが自分だったら、文句の言いようもないんだろうね。

考えすぎると、結局良くわからなくなる。

物事って、そんなに単純じゃないって言われること多いけど、
案外単純だったりする気がする。

好きだからやってる。とか、
キライだからしない。とか。
好きだけじゃ続かないっていうけど、
元々好きじゃなかったら、もっと続かないんじゃないかと
最近思うようになった。
前はこんな風には思わなかったけど。

自分が、なんで今これをやってるんだろう。。。
って考えたとき、最終的に行き着くところが単純な答えだったりすることが
多かったから、こういう風に考えるようになったんだと思う。

得意ではないし、できないことも多いけど、
勉強してみたいって気持ちは、やっぱりあるからね。
努力が必要で、きっとその努力も何倍もしないといけないんだと思うけど、
色々考えすぎてやらないよりも、やっぱり今なんじゃないかと思う。

環境として、少々問題はあるけど、
でも、結局は自分なんだろうし。
与えられた環境のなかで、どうやってやってくか考えるのも
ひとつの勉強なんだろうし。

自分のやりたいことを、やれる環境にしていくのは
自分しかいないんだと思う。

とりあえず、うだうだ考えるよりは
行動にしてみようと思う。

失敗したら、そのとき考えるかな。
[PR]
by rinow3 | 2008-01-20 00:47 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧