今年初の定期受診

今日は仕事が休みで、昼間に定期受診してきました。

CRP1.12
前回とほとんど変わりなし。
ってことで、プレドニンも11mg/日のまま。

今後のプレドニンの維持量も、どこまで下げれるかはわからないとのこと。
症状見ながらってこと。

来月の受診のときに、骨密度の検査の予定を考えることになった。
骨密度測定から、2月で1年になるしね。
プレドニン服用し始めて、丸2年になるし、10mg以下にはならないし。
副作用のこと考えても、骨密度は測定しとかないと。
ちなみに、1年前は年齢相応の骨密度でした。

年末年始、仕事が休みでだらだら過ごしてたら
体の調子は結構良かった。
仕事は、思っている以上にカラダに負担になってることを実感した。
定期的に休むこと以外に、ある程度の日数は時々休みを取ることが
カラダにはいいんだろうなぁ。

今年は、本当に無理をしないっていうか、
できることをやるようにしようと思った。
できないことは、カラダ的にもできないし、
能力の有無だけではない問題だから。

自分のなかで、こういう状況を消化しながら適応していくしかないんだと思う。

まだまだ消化しきれてない部分が多いけど。
今年は、昨年よりはうだうだ考えない1年にしたい。

次回受診は、6週間後。
[PR]
by rinow3 | 2008-01-07 20:12 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧