2008

新年を迎えました。

今年は、仕事で転機の予定。
1年は働きますが、進学のための受験をしようと考えています。
合格すれば、2年間は学生に戻ります。
しかし、学生onlyでは生活できないので、
ちょこちょこ働けるときは、働こうと思ってますが
どうなることやら。

病気のコントロールもできてるのか、できてないのか微妙です。
とりあえず休まず出勤できてるからいいかなぁと思ってますが。

最近、知足という言葉を知りました。
「老子」33章の「足るを知る者は富む」から》
みずからの分(ぶん)をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。
分相応のところで満足すること。

それ以上を求めない。
これまでは、何かが足りない気がしてました。
気がしてるだけのように思ってましたが、
でも満たされていないというか、もっとできるような気がするというか。

分相応のところで満足するって大事だと思いました。
今あるものを大事にすることだなんだと思います。

2008年、自分に今あるものをちゃんと見ていきたいと思います。
そして頑張ります。
[PR]
by rinow3 | 2008-01-01 20:41 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧