今年最後の定期受診

今日は、今年最後の定期受診でした。
CRPは、前回とほとんど変わらず。
なので、プレドニンの減量もなし。

Hbは若干下がって9.8。
仕方ないです、これは。
鉄剤飲んで上がるってものでもないし。

立ちくらみは?
って聞かれたけど、
変わりません。って答えた。
そしたら、
職場の人は、病気のこと知ってるの?
いきなり倒れたら、びっくりするんじゃない?
って言われた。

そりゃ、いきなり倒れたら
誰だってびっくりする。
でも、そのために関わる人全部に病気のこと言う必要ないと思う。
まぁ主治医も、言えっていう意味で言ったんじゃないと思うけど。

病気のことを話すのは、
最近、躊躇する。

私自身が、考えたくないっていうのもあるけど、
言ったところでメリットはないんじゃないかって思うようになったから。

確かに、こうやって月1で定期受診するから
直属の上司とかには言う必要あるだろうけど、
それ以外にはね。。。

でも、遊んでても、疲れてど~にもならないときとかは
病気のこと、言ったほうがいいのかなぁ~とかも思う。

でも、でも、言ったところで
何が変わるんだろうって思ったら、
相手に余計な気を使わせるだけなんだよね。
そうなると、私も気使うし、
結局疲れるのは変わらないってことになるし。

ふぅ。。。

いつまでこういうこと考えるんだろう。
[PR]
by rinow3 | 2007-12-06 23:44 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧