1mg減った。

今日は定期受診でした。

CRP1.15。
上昇はしてるけど、この程度なら~
ってことで、プレドニン1mg減って、11mg/日に。

先に長い。

体調は、特に大きな変化はありません。
あるのは、
 ・ふらつき
   →主にしゃがんですぐ立ったりしたとき。
 ・倦怠感、易疲労感
   →すぐ疲れます。
     長時間の買い物とかは、途中で疲れてしまって
     どうでもよくなってしまいます(笑)
 ・熱はないのに寒気
   →突然寒気します。発熱とかはありません。
     今日、受診したときに聞いたら
     慢性的に炎症反応があると、体温調節に影響はあるのかも。。。
     とのことでした。
     でも、この炎症反応の値では、考えにくいかもね~って。
     一体何なんでしょうか??
 ・むくみやすい
    →前日の食事が影響したり、生理周期が影響したり。
      以前よりは確実にむくみやすくなってるように感じます。

ってとこですかね。

ここのとこ、自分の体調のことで
色々考えさせられる出来事がありました。

本当に、イヤになりました。
だって、病気じゃなかったら、こういうこと言われなかったり
考えたりしなかったんだろうに・・・って思うと、
どうしても納得いかない自分がいました。

なってしまったものは、もうどうしようもないけど、
それがやっぱり受け入れきれてないんだと
実感しました。

受け入れる
って、言葉にすると簡単だけど、
ほんと、時間のかかるものだなぁと思いました。
[PR]
by rinow3 | 2007-11-02 22:08 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧