眼科

定期的に受診している眼科。
2ヶ月ぶりに行ってきました。

これまで眼圧は、16~17くらいでしたが、
今日は20に上がっていました。
左眼のほうには、若干ですが白内障の症状も出てきていて。
眼圧も、白内障の症状も今のところ経過観察でOKとのこと。
次回、1ヶ月後の受診で
眼底検査して、眼圧が上昇してるようなら点眼でコントロールってことになります。
白内障も、進行するようなら手術の可能性も。

この前のCRPの上昇と言い、今回の眼科の受診結果と言い、
へこみます。

眼科のほうは、明らかにプレドニンの副作用。
いまだに10mg/日をきれないので
副作用が出ても仕方ないんですけどね。

眼科の先生は、
白内障は治らない病気じゃないし、それよりも眼圧のほうが心配。
点眼で眼圧はコントロールできるケースが多いけど、
コントロールできないってなったら大変。
って言ってました。
まぁね。言ってる意味はわかるんだけどね。

いますぐ見えなくなるわけでもないし、
いますぐどうこうなるわけでもないけど、
なんだかね。

ブルーになりました。

考えただけど、泣けてきます。
はぁ。

よくならないのはわかってるけど、
悪化はしないでほしい。
そう思いました。

どうなるんだか。
[PR]
by rinow3 | 2007-07-09 22:52 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧