友達。

最近上手くいかない日々が続いており、
結構精神的にしんどいなぁと感じることも多かった。

そんなとき、大学時代の友達に電話して
色々話したら、かなりスッキリ。

近くにいるわけでもなく、たまにしか連絡とらないのに
話すとなぜかわかってくれる。
こういう友達がいるって、ほんと大切だなぁと思いました。

近くにいる犬つながりの友人。
たま~にどっか行ったりと、そこまで深いつきあいにはなってないけど
私のわけのわからない話を聞いてくれます。
ほんと感謝です。

人間関係のわずらわしさを感じつつも、
こういういい人たちもいるので、やっぱり出会いやその後のつながりって
結構重要だなと思う。
いつ、誰が自分を助けてくれるかわからないと思うと、
自分も誰かの助けになれたら・・・とも思う。

人間関係、わずらわしいとこもあるけど、
ひとりでは決して生きていけないので
誰かとつながっているためには、ちょっとの努力は必要かも。
[PR]
by rinow3 | 2007-06-04 21:59 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧