しっくりこない??

何だか毎日がとてもバタバタ過ぎていて、
これでいいのか??
って気持ちになってします。

毎日学ぶことはあって、色々考えさせられること、失敗もある。
でも、それらが何だかせわしく過ぎていってる気がして。
立ち止まってみなくていいのか??
って思ってしまう。

とは言っても、私の性格上立ち止まってしまうと
そこから抜け出せなくなる可能性大。
悩んでも仕方ないことで、くよくよしがちだし。

最近、自分の「こだわり」について考える機会が多い。
何にこだわって勉強していくか。
これって、結構難しい。
何も考えなくても、時間だけは過ぎていくわけだし。
でもそれじゃあ意味がないというか、充実感はないんだろうし。
せっかく時間を使うんだったら、有意義に使ったほうがいいだろうし。
そう考えると、こだわることって大切なんだと思う。

でも。
こだわれるものを模索中で、見つかるんだろうか??って気もしてきてる。

この際、どうでもいっかって気にもなってくるし。

プライベートではそれなりにやりたいことはあるけど、
仕事で!!ってなると、なかなかね。

簡単なことなのかもしれない。
難しく考えすぎなのかもしれない。

明日は恒例の定期受診。
いつになったら1ヶ月ごとじゃなくなるんだろう。

そういえば、この間職場の健診のとき
医師に今のプレドニンの量を言ったら
「そんなに微妙な調整が必要なの??」と言われた。
そう言われてもね~。
調整してるの、私じゃないし。
薬の量決めてるのは主治医だし。
できることなら、5mg単位で減量できればって私も思ってるんですけどね。

たいしたことじゃないけど、ちょっとムッとしました。
何も知らない医師に、そういう言い方されたことが。
減らしたくても減らせないでいるのに・・・っていうのがあったので。
あの人、何が言いたかったんだろう。

明日も朝早いです。
頑張るか。
[PR]
by rinow3 | 2007-05-23 22:50 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧