微妙な結果

今日は定期受診でした。

骨密度も測定してますが、その結果は今度。
採血+尿検査の結果は。
微妙です。
採血結果では、CRP1.13。フィブリノーゲン554。
貧血はなく、中性脂肪、総コレステロールも一応正常値。
尿検査結果は問題なし。
蛋白、糖は出ていず。

このCRPが横ばいなのがね~。
免疫抑制剤を使うには、微妙なようです。
抑制剤を使えば、劇的にプレドニンが減量できるってわけでもないようで。
そこまで無理して今薬を増やすメリットはあまりないようです。

ということで、今回もプレドニンは変わらず。
維持量としてはまだ多いとのことですが、今はどうにも様子をみるのみ。

体調的には。
何とも言えません。
いいとも悪いとも。
ものすごくいいわけでもないけど、
ものすごく悪いわけでもなく。
日々、たちくらみとか首の痛みとか倦怠感はあるものの
それがあるからって日常生活に、とても大きな支障があるってわけでもなく。
ただ、集中力が続かないとかはありますけどね。

ふぅ。
ため息ついても、この生活はこれからずっとだし。
受け入れて、これが普通って思わないといけないんだろうけど、
それがね~。
私にはもっとできるんじゃないか??
とか思ってしまうんですよ。
でも、無理なことは無理だったりして。

骨密度の結果で、もしかしたら免疫抑制剤の使用も考えるかも~
って言ってました。
どうなることやら。
考えても仕方ないですね。
毎度のことだけど。
[PR]
by rinow3 | 2007-02-16 21:06 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧