何のため。

このブログを始めて、来月で1年になる。

私は、何のためにこうやって記録として残してるんだろう。

忘れっぽいっていうのが1番かなぁ。
あとは、同じような病気だったりとかで、情報交換とか共有とかできたら~
っていうのもあるかも。

でも、1番大きいのは
自分の気持ちの整理だと思う。

誰かに話すこともひとつだと思うけど、
話すと、自己嫌悪に陥ることが多々ある。
こうやって文章にしても同じかもしれないけど、
文章のほうが、まだ感情的な部分が少ない気がするし
少し客観的に見れる気がする。

普段は、できるだけ何ともないようにしていたい。
具合悪くても、具合悪そうにしてたら
必要以上に悪くなっていく気がして。
無理をしてるって意味ではない。
多少具合悪くても、平気だって思って過ごしてると、案外平気だったり。
ダメなときは、本当にダメだから
そういうときは、まったりするようにはしてるけど。

でも、しんどいことには変わりなくて
そういうときは、気持ちも何だかマイナス方向になってる。
ここでこうやって文章にして
そのときの自分の気持ちを書くと
それだけで結構スッキリしたりしてる・・・と
最近思う。

どういう形にしても、そのときの自分と向き合おうとするのって
結構しんどかったりするけど、そういうことを積み重ねていかないと
乗り越えられないものってあるのかもしれないって思う。

世の中意味のないことはないっていうけど、
本当そうだなぁ~って思う。
[PR]
by rinow3 | 2007-02-03 00:04 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧