定期受診でした。

今日は、今年初めての定期受診。
先月のCTの結果も合わせて、話を聞いてきました。

採血結果は。
CRP0.7で、前回より若干下がってました。
でも、下がってもまた上がって~の繰り返しなので
とりあえずプレドニンは15mg/日のまま。
免疫抑制剤の追加orプレドニンの増量はなかったので
まぁよかったかな。

CT結果。
去年の診断時(2006年3月)の時点から比べて
進行はしてないとのこと。
ただ、ものすごくよくなってる(肥厚とかが)わけでもなく。
今の状況からいうと、虚血状態が続いているので
バイパスができてもおかしくないけど、それもないとのことでした。
ふぅ~ん。
悪くなってないんだったら、いいのかしら~。

で、今後について。
このままの状態を維持できれば、ここ30~40年は
特に大きな問題もなく経過するのでは?とのこと。
でも、今後高血圧、高脂血症などが出てくると、話は変わってくるようです。
高脂血症になると、今以上に血管が細くなってしまって
必要な血流が維持できなくなるので、血流維持のためにも手術が必要になることも
あるようです。
また、今は右の頚動脈は細くなってませんが、これが細くなってしまうと
左右ともの頚動脈が細くなることになって、
脳への血流が維持できなくなるので、その場合も手術が必要になるかもしれないとのこと。
現状維持が当面の課題ですが、私の努力で現状維持できるってものでもないので
なんとも言えないとこもあるんですが。

予後としては、何ともいえないっていうのが正直なところのようです。
ただ、今すぐどうこうってわけではありません。
でも、「健康な人よりは、寿命は短いと思いますよ。」とさらっと言われました。
そうでしょうけどね。

めまいについては、
今の血管の細さからは、そこまでめまいがひどくなるとは考えにくいとのことでした。
色々話してみましたが、めまいの原因がわからず。
とりあえず次回の受診まで様子をみて、次回の受診時までに今以上にひどくなるようなら
対応を考えましょうとのことでした。

いつもよりは色々話したと思います。

めまいは、相変わらずです。
誰かと話していて、うんうんって相槌うってても“くらっ”ってなることあって
話に集中できないくらいつらいこともあります。
寝返りうってもくらくらして、気持ち悪くて。
でも、めまい以外は発熱もなく元気なので、大丈夫です。

今後のことは、また考えてしまいました。
現在の仕事は、あと2年の予定で、その後はまた勉強しに学校に行こうかしら~
とか思っていたのですが、
学校に行って勉強したところで、そのあと働けるのかしら~と思ったら
うぅ~ん。。。って。
勉強はしてみたいんですが、そのあとバリバリ働けるってわけでもないとしたら、
そのまでする必要があるんだろうか??って。
何を目標にしたらいいんだろう?
何を励みに頑張ればいいんだろう?
頑張る必要があるんだろうか?
でも、病気だから頑張らないっていうのもおかしいし・・・
病気を理由に妥協するのは、何かイヤだし。
でも、でも、カラダがつらいのも事実だし。

ってな感じで、悩んでおります。
今年は真剣に今後のこと考えようと思います。
[PR]
by rinow3 | 2007-01-18 23:47 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧