受診後

木曜は、定期受診でした。

CTの造影の結果はすぐには出来ず、次の受診に持ち越しとなりました。
それまでは、とりあえずプレドニンは今のままで。
痛みは、ロキソニンで。

CTの結果で狭窄がひどくなってるようなら、
プレドニン増量か免疫抑制剤開始になるようです。

血液検査結果は、CRPは1.1と横ばい。
陰性にはなりません。

慢性疾患なので、これからずっとつきあっていくしかないけど、
先が見えないって感じで、なんだかちょっとうんざり。
どうなるかわからないっていうのは
思った以上に色々考えてしまうものなんだなぁ~って思います。

はぁ。。。

考えても仕方なくて、
毎日を一生懸命に過ごすしかないのは
頭ではわかっているつもりなのになぁ。
こうやって文章にしてると、
後向きにしか書けない・・・

はぁ~。。。

考えるからダメなのかもね~。
[PR]
by rinow3 | 2006-12-10 23:04 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧