定期受診。

木曜日は、2週間毎の定期受診の日でした。

特に体調の変化もなかったので
多分、検査結果も変わらなく、プレドニンも減量できるかな~って思ってました。
ところが・・・
結果は、悪くなってました。
CRPが上昇していて。
他のデータから言っても、多分なんらかの感染をうけた可能性っていうよりは
病気のせいだとのこと。

はぁ~・・・
って感じでした。

今後の治療計画としては、
今の時点では、発熱とかっていう症状はないので
プレドニンのこのままの量で。
ただ、2週間後に採血して
それでもデータが変わらなくて、他の症状もないようなら
1~2ヶ月はこのままのプレドニン量で様子を見てみるかもと。
しかし、1~2ヶ月後も今のような検査結果であれば
免疫抑制剤の使用するとのこと。

順調にきてたと思っていただけに
ショックでした。

病気のことだから、よくなったり悪くなったりは当たり前で
仕方ない過程なんだと思う。
私の場合、HLAクラスっていうのも陽性で
それが陽性だと
プレドニンの効果が出にくいこともあるって言われてるし。
ここまで順調に減量できたことは
よかったのかもしれない。

でも。
何かショックで。
木曜の夜は、大泣きしました。
何が悲しいのか、悲しくて泣いているのかもわからず。
第一、泣いたって何の解決もしないことは
充分わかっているのに。
それでも、もう考えただけで涙が止まらなくて。
これから、私はどうなるんだろう・・・的なことばかり考えてしまって。
なるようにしかならないのに。
何か、自分だけがものすご~く不幸な人
みたいな風にしか、考えられなくて。
嫌な感じでした。

自分なりに、この病気になったことに関して
受け入れ?てきたつもりだけど
まだまだのようです。。。
どうしたもんだか。
[PR]
by rinow3 | 2006-04-29 22:16 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧