今度は

今日実家から電話があって。
弟が仕事中に事故に遭ったって。
今はICUに入院中。
意識はハッキリしてるし、とりあえず命にどうのではない様子。

建設関係の会社にいて、現場の仕事をしているらしい。
ここ数年全然しゃべってないから、知ってるのは父親経由での状況だけ。

今日、仕事中に重機にひかれて左足は骨折してないみたいだけど、
右足は結構ひどい骨折らしい。
腫れがひどいから手術は腫れがひいてからになる様子。

5つ下の弟は、高校卒業後就職した先を辞めてから
何だか色々あったらしい。
もういい年だけど、まだ父親の心配の種。

父親や妹とはよく連絡取るけど、弟は携帯にかけても出ないし。
実家にかけたときにかわってほしいって言っても、出ないし。
実家に帰ったときも、家に帰ってこないことが多くてなかなか会えないし。

離れてるけど、もっと話す機会持ったほうが良かったのかな。
なんでこういう風な方向にいっちゃったんだろう。
性格悪くはないと思うんだけどな。
普通に自立・自律して生活できるようになるって
簡単なようで、簡単じゃないんだろうな。
周囲の見えるサポートや、見えないサポートがあってのことなんだろうな。

これまでも色々やらかしてるけど、
今回のことでいい方向に向かってほしい。
本当に。

私に何ができるんだろう・・・
[PR]
by rinow3 | 2013-03-23 21:31 | family


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧