父親

遠く離れた父親や妹から、よく連絡がくる

こっちに来てから、1か月連絡ないってことはないくらい
毎月、なんだかんだしゃべってる

最近は妹がiphoneにしたから、facetimeでしゃべったり

今年1月、父親は網膜剥離の手術のため実家からだいぶ離れた病院に入院
2週間くらいだったかな
遠いから、誰もお見舞いに行けず
退院のときは、妹と弟が迎えに行ったらしい

今日また電話来て、また網膜剥離になったかもと
月曜に受診するけど、その時点でまた入院・手術になるかもしれないから
入院の準備して行くらしい

元々は仕事中に鉄筋の破片が飛んできて、目を傷つけたことから始まってる
怪我したの、いつだったかな
多分2年くらい前?

実家は父親と妹と弟の3人暮らし
弟は何だか色々やっかいなことになってるらしい
妹も病気持ちだから、なかなか油断できず
それでも、妹は毎日しっかり働いて頑張ってる

実家にいたら、きっと色々気になって口出すから嫌になるのかもしれないけど
離れてると心配になる
心配しても何もできないんだけど

まめに連絡取ったり、経済的な援助くらい

本当は来月帰りたかったけど、自分の体調のこともあるし
私の体調のことで心配かけたくないし

自分自身の毎日の暮らしでは、後悔しない選択をできるだけしてるけど
家族のことは・・・

もっと何かできたんじゃないかっていう気持ちになるような気がする
これって、後悔っていうのか

私が幸せだったら、私が楽しく毎日暮らしていたら
きっと家族もそれを望んでるんだと思うけど

けど

けど・・・って思っちゃう

へこむこともあれば、いいこともあるから
お父さんのことも、悪いほうにばかり考えても仕方ないよね

見えなくなったら、お父さん、大好きな趣味のこともできなくなっちゃう

大丈夫でありますように
祈る
[PR]
by rinow3 | 2013-02-23 22:15 | family


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧