CTと骨密度

9/3(月)
CTと骨塩定量(骨密度)の検査
CT上悪化はみられず。
発症当初と比較すると血管の肥厚もみられなかった。
骨塩定量は、2011年11月までで毎年減少傾向だったけど
今年はアップ!
外で適度な運動してるから!?
同年代と比較すると若干低いみたいだけど、許容範囲内。
どちらの検査も次回は2年後でいいらしい。

アクテムラの効果だろうということで、プレドニン減量。
5mg/日に!
妊娠・出産時に1年くらいアクテムラをやめて、
症状みながらプレドニンでコントロールも可能だろうって話もあったけど
今はね。
その気はないし。
妊娠・出産はできても、その後の育児は?仕事は?
多分、育児と仕事の両立は難しいと思う。
そこまでして子どもを育てたい?
いつも自問自答してることだけど、今はいいかなと思う。
他にやりたいこともあるし。
今も十分幸せだし。

アクテムラは、今後2週間に1回だけど自己注射になってく??らしく
それが可能になれば受診回数も減るし。
このままいけば、プレドニン飲まなくてもよくなるかもしれないし。

ずっと注射か・・・とも思ったけど、
注射してれば飲み薬も少なく、元気でいられるって思えばいいかも。

自己注射、まだ全然いつになるかわかんないけど、復習しておこうかな(笑)
[PR]
by rinow3 | 2012-09-06 07:40 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧