伝えたいことと伝わること

どうしてこんなにストレスフルなのか。
悩む。

同じように関わっていても、その受け取り方は様々。
あまりに様々すぎて、よくわかんなくなる。

だから、マイペースでいこう!って思うけど、
それはそれでダメみたいで。

最終目標は、私ができるようになることではないから
そこもね。
相手次第なとこもあって。
でも、目標に近づけるように何らかのサポートをするのが
私の役割なんだけど。
サポートって、サポートの受け手側のことと、サポート提供者側のことが
うまくかみ合わないと成立しにくくて。
かみ合うためには、ある程度の関係性も必要だけど、
そんなのすぐにはできないし。

そんなつもりはないんだけど・・・
って思う場面が多すぎて。
私がおかしいんだろうな・・・って思うことしばしば。
だからと言って、これといった解決策もなく。

否定的な表現が多いこと、
不足してるとこを指摘することが多いことが
相手に不快感?不信感?いい印象を与えてないことは
何かわかるんだけど。

いいとこばっかり言っても仕方ないとも思うのよ。
できないから勉強してるわけで。
別に、その人の人格を否定してる気はないけど。
否定してるように聞こえるんだろうね。

滞りなく、波風立てずにやることもできるけど、
それでいいのかって、自問自答してしまう・・・
社会に出ればわかることかもしれないけど。

こればっかりは、答えの出ないことだってわかってるけど
悩む。
悩むからこそ、やってみて後悔するからこそ、どうしたらいいのかって
また悩む。
それの繰り返しで、前に進むのかなって思う。

だけど。
わかってるけど、この過程は結構エネルギーを消耗してしまう・・・

ちょっと疲れてきた。

前半、もう少しで終わるけど。
後半に向けて、エネルギー蓄えられるかな。
[PR]
by rinow3 | 2011-12-13 22:29 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧