点滴何回目?

定期受診。
血液検査結果は問題なし。
Hb 11.5とまずまず。
鉄分とラクトフェリン入りの牛乳のおかげ??
炎症反応が落ち着いてるからなんだろうなー。

プレドニンは8mg/日のまま。
私:「どのくらいで減らせますか?」
医師:「4、5か月後かな。」
私「えっ・・・。何か基準あるんですか?」
医師:「ないけど、減らしてまた調子悪くなったらどーんと増えるんだよ。」

変な会話。

調子悪くなってまた増量することになったら困るから
減らすのは時間がかかるって。
そうなのかもしれないけど、説得力に欠ける気がする。

多分、私が毎回減らしたい、減らしたいって言うからなんだとは思うけど。

次までに、CTと骨密度いつやるかの調整を主治医としないと。
忘れそう。
最後に主治医に会ったの、いつだっけ・・・
主治医と他2人の医師が交代で診察に出てるところに受診だから、
毎回誰に当たるかわかんないんだよね。
まぁ3人のうち誰かだから、それぞれの医師が状況はそれなりに把握してる感じはするけど。

誰でもいいっていうかね。
今のとこだと、誰に診察されても同じかな。
違う病院を受診することを考えた時期もあったけど、
専門医が近くにいるわけでもないし。
それだったら、ある程度受診しやすくて、何かあったときの対応してくれそうなとこだったら
それで十分かなーと思って。

次は5週間後。
次のときはインフルエンザワクチンも受ける予定!
[PR]
by rinow3 | 2011-09-17 04:32 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧