いつもの日常

昨日、今日と外出の予定がなく、ほとんど家で過ごした。

新居になって早一年。
これまで時間があればどこかに行って、色々見たり、買ったり。
外の刺激を求めてたように思う。
それが、ここ一年は家にいる時間がぐっと増えた。

これまで、家にいて何するの・・・って思ってたけど、
案外時間が過ぎる。

家でできる仕事もしてるせいか、家にいたらいたで
それなりの一日。

この生活に慣れてくると、外出が億劫で仕方ない。
行ったら行ったで楽しいんだけど、行くまでがね。

青と岑との時間も増えた。
2ひきにとって喜ばしいことかどうかはわかんないけど、
私は青と岑といる時間は落ち着いていられる気がする。
まぁ、2ひきがうるさくて、きぃーーーーーってなることもあるけど。

今月中にやんなきゃいけないことはあるし、
それなりに予定もあるから、さくさくやったほうがいいのもわかってるけど。
どうも、ぼちぼち・・・って感じでしか進まない。
気持ちの問題なんだろうけど。

明日は定期受診。
昨日、今日とよくわからない腹痛に苦しんだことを言うべきかどうか・・・
そして、時々ある左肋骨下or左下腹部の痛みについても言うべきかどうか・・・
明日になったら考えようっと。
[PR]
by rinow3 | 2011-08-12 00:37 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧