24回目の点滴

金曜日は定期受診。

血液検査の結果は特に問題なし。
プレドニンはこのまま9mg/日で。

アクテムラの点滴は、今日で24回目。
2年ってこと・・・よね。

そう考えると、以前よりは倦怠感はないかも。
たちくらみは時々あるけど、以前よりはいい気がする。

やっぱり効果があるんだろうね。

ただ、これやめたらどうなるんだろうか。
そして、やめたあとに、またCRP上昇とかってなったときに
同じように効果があるんだろうか。
前に主治医に質問したことがあるけど、それについては未知・・・らしい。
前例が多くない?(もしくはない?)せいもあって
やめるタイミングとか、再度使用したときの効果とかは
ほんとわかんないらしい。

ふぅーーーん。

金曜日の受診のとき、採血してた隣のおばあちゃんに
「若くて、元気そうだね。いいねー。」って言われて
私が黙ってると、採血してたNsが、
「病院にいるってことは、何か病気があるからなんですよ。」って。
確かにそうね。
そしたら、そのおばあちゃんは、
「そうなんだね。どこが悪いの?」って聞いてたけど
適当にその場は特にその話題に触れずに終了。

元気そうだと病気に見えないんだろうし、私自身もよくわかんなくなるときはある。
この病気で、この先どうにかなることあるんだろうか・・・って。

次は5週間後。
[PR]
by rinow3 | 2011-07-10 23:32 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧