繰り返し

2010年4月の日記を読んでみた。

誕生日の翌日の日記。
今年の誕生日と同じようなこと書いてあった。

私のなかで、納得できてない部分なんだろうなーって思った。

時間が経てば解決するって思ってるけど、
時間が経って解決したと思っているけど、
それは、忘れたり、あまり考えないようになるだけなのかも。
根本的なものは変わらないのかも。
だから、時々は思い出すのかも。
でも、根本的に解決できないことは、
忘れたり、思い出す回数が減って、普通に生活できるようになれば
それが「解決」なのかもしれない。

いつも、そのことばかり考えて、そのことで頭がいっぱいになると
ストレスやもんねー
月曜とか火曜の私がそうだった・・・

何回も繰り返しても、言葉にして、自覚してくなかで
少しずつその形が変わっていって、
自分にとって、気にならないことになるのかもしれない。

繰り返し表現することは、弱いことだと思ってたけど
そうでもないのかも。

自分はこういう人間なんだって認められないことのほうが
つらいし。

何回も同じようなことでも、残すことは意味があるのかも。
[PR]
by rinow3 | 2011-04-13 20:50 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧